六本松「とら食堂 福岡分店」の絶品つけ麺&中華そばをレポート☆

福岡市内でいま最もホットな街といっても過言ではないでしょう。大規模再開発が進行中の六本松。

今日訪れたのは、六本松の油山観光道路沿いに昨年12月にオープンした中華そば店「とら食堂 福岡分店」です。

店内の壁に貼られたポスターが示すとおり、このお店の本店は福島県白河市にあります。福島では、喜多方ラーメンと双璧をなす白河ラーメン。その発祥とされるのがこの「とら食堂」です。

まずは「つけ麺」が登場。

温かいつけ汁に麺をひたし、ひとすすり。手打ちならではの弾力性となめらかな舌ざわりの麺が喉の奥へとすべり落ちてゆく快感。そして、ちぢれ麺にと絶妙に絡み合うつけ汁には、鶏ガラでとったダシの風味、醤油の旨味、そして食欲を倍増させる「何か」の香りが含まれています。

レンゲですくった黄金色のスープに浮かんでいたのは、柚子の皮。
細かくきざんだ柚子の皮の風味が、スープの味わいを引き締めています。

チャーシューはしっかりスモークされていて、まるでベーコンのような風味と食感。これだけでつまみになりそう。

続いてメインメニューの「中華そば」が登場。非の打ち所がない抜群のビジュアル。その味わいはぜひお店でお確かめください!

また、平日のランチタイムに無料でサービスされる白河産のコシヒカリをつかった白ごはんは「お米が立っている」という表現がぴったり。こんなに白く輝いているご飯を見るのは久しぶりです。

玄関には「我がとら屋 人は品格 そばは味」と染め抜かれた暖簾が飾ってありましたが、個人的には「“味”のある店員さんたちが丹精込めて作り上げた“品格”のある中華そば」という印象を強く持ちました。

新しく生まれ変わる六本松で見つけた味な一杯。おすすめです!

Produced by 福博ツナグ文藝社

※情報は2017.11.28時点のものです

とら食堂 福岡分店

住所福岡市中央区六本松4丁目9-10
TEL092-707-1015
URLhttps://www.facebook.com/torashokudo.fukuoka/

AKASAKA BOY

謎のライター

1978年福岡市赤坂生まれ。福岡の街の魅力を小説形式で発信中☆

関連タグ

この記事もおすすめ