赤坂にNEWオープン!和モダンの店内で蕎麦と珈琲を頂きました 【赤坂茶房】

博多廊白金茶房BUTCHER星期菜など、人気のレストランを経営しているIMDグループの新店舗「赤坂茶房」が12月1日にNEWオープンします。本日、一足先に赤坂茶房を訪問してまいりました!

福岡市営地下鉄「赤坂駅」近くに竣工したMJR赤坂タワーの1階にお店を構えるのが「赤坂茶房」。同店のオープンは12月1日ですが、本日の昼食時間帯にランチメニューのお蕎麦と珈琲を頂いて参りました。

店内は開放感のある雰囲気で、晴れた日のランチタイムには、気持ちのよい時間を過ごせそうです。店内は、真ん中を空けたスペースで店員さんとのやりとりもスムーズに行えました。今回の訪問は3名で伺い、3名がそれぞれ、違うメニューを注文しました。

 

訪問者の1人はつゆそばを注文。しっかりとしたコシと味わい深い出汁にあっという間に食べ終わってました、、、

 

訪問者(女性)は、バジルつけそばを注文。彩り豊かなメニューに見とれながら頂いてたようです。バジルって身体に良さそうですよね。きっと、女性に人気のメニューになるのではないでしょうか。

 

私は、和つゆカレーを注文。九条ねぎのアクセント、蕎麦にからむカレーがとても美味しく、3人で訪問しましたが、無言で食べてる自分がいました。右側にみえる「一口おむすび」もカレーと一緒にいただくと、蕎麦と違う食感で2度美味しい時間を過ごせました。

 

カレーそばやカレーうどんを頼むと、つゆのはね返りが気になりますが、エプロンも提供いただき、気兼ねなく食べれましたね。

 

そして、食後の楽しみは、白金茶房でも人気の珈琲。一杯ずつハンドドリップする店員の皆様に見とれつつ、、、本当に珈琲がの香りっていいですね。今回、私達が注文したのは「深入り」の珈琲です。

 

そして、珈琲が到着。十分な酸味、香り、まさに上質な珈琲でした。

 

赤坂に行く機会があれば、ランチ、ちょっと休息したい時にぜひ、今後も使いたいお店です。オープン後は和菓子のメニュー(そばがきぜんざいやそばプリン)も提供されるようです。

また、夜は、「ちょい飲み」ができるようにおつまみ(エイヒレ焼き、鴨肉つくね串、イカ肝焼き)が300円~、ビール500円~、日本酒500円~、焼酎380円~、ワイン600円~と非常に充実。福岡地下鉄「赤坂駅」から徒歩5分圏内のため、夜は、「ちょい飲み」をするサラリーマンで賑わいそうですね。

 

※情報は2017.11.28時点のものです

赤坂茶房

住所福岡市中央区赤坂1-13-2
TEL092-406-3133
URLhttp://a-sabo.com/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ