夜しか営業していない不思議なパン屋【いとだパン】

少し足を延ばしてでも行きたいパン屋をご紹介します。
高砂にある「いとだパン」です。

 ここはなんと夜しか営業していません!大体18時半ごろから開店ですが、その時間も日によってまちまち。パンというと何となく朝のイメージがあるので不思議な感じです。

加えて、店の場所もわかりにくいところにあります。

個人的にこういう店って何かそそられます(笑)

場所は高砂のFBSの割と近くの路地裏です。

看板は見つけたものの、横の小路を覗いてみてもパン屋があるようには見えません。


でもここしか考えられないなあ・・・と思いつつ、その小路を入っていくと、外に向けて明かりが灯った窓を発見!

 

ここが「いとだパン」!

たどり着いたことにまずテンションがあがります♪

訪問したのは夜の20時頃で、他にお客さんはいなくてスムーズに購入できました。
開店後早い時間は行列ができることもあるらしいです。

こんな感じで窓越しに注文するスタイルです。

迷った挙句、クリームパン、ベーコンエピ、ツナパンを購入しました。

時間的に売り切れているパンもあったようです・・・。

 肝心のパンの写真を撮り忘れてしまいましたが、どれも生地が美味しかったので、食パンとかも美味しそうです。

 飲食店への卸がメインなので、夜しか営業できない事情があるそうです。

 

当日の営業状況は、公式Facebookで確認できます。

 facebookを見ると、日によってパンのメニューが変わるみたいです。ハイジパンの磯辺焼き、トマトトーストとかも気になります♪
仕事帰りに温かいパンが買えるのはあまりないですし、余ったら翌日の朝食にもできます。これはしばらく通ってしまいそうです。でも次回はもう少し早い時間に行こっと・・・。

 ■Writer:ABC

 

※情報は2018.2.1時点のものです

いとだパン

住所福岡県福岡市中央区高砂1丁目15-27
URLhttps://itodapan.thebase.in

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ