日本の酒&食材を使ったコラボチョコが人気!生チョコ発祥の店「シルスマリア」

生チョコ発祥の店「シルスマリア」(神奈川県横浜市)の人気シリーズ『NAMA CHOCO×JAPAN』。日本のお酒を使った「九平次生チョコレート」、「一刻者生チョコレート」、そして日本の食材を使った 「宇治抹茶生チョコレート」、「静岡産紅ほっぺの生チョコレート」の計4商品が、今年のバレンタインシーズンでも人気を呼んでいます。

「シルスマリア」は、1988年に“生チョコレート”をこの世に生み出した生チョコレート発祥のお店。数種類のベルギー産チョコレートと新鮮なクリームが織りなす生チョコレートは、舌にまとわりつくような滑らかな口どけが好評を得ています。

4商品のうち、2商品は日本のお酒をつかった生チョコレート。「九平次生チョコレート」は革新的な日本酒を生み出す萬乗醸造の「醸し人九平次 純米大吟醸 『別誂』」とのコラボレーションにより、ホワイトチョコのとろける甘みに上質なワインにも匹敵するナチュラルで質の高い酸味が加わった仕上がりになっています。

16粒入り 1800円(税抜)

「一刻者生チョコレート」は、“芋100%”にこだわる小牧醸造の芋麹本格芋焼酎「一刻者 赤」を使った大人向けの生チョコレート。赤芋由来の甘み豊かな香りとまろやかで雑味のない芋焼酎と芳醇なミルクチョコレートですっきりとした味わいが楽しめます。

16粒入り 1500円(税抜)

さらに、老舗茶問屋「辻利兵衛本店」の抹茶を使った「宇治抹茶生チョコレート」は、独特の芳薫とコクのあるまろやかで豊潤な風味を味わえる宇治抹茶とのコラボレーションにより究極の宇治抹茶生チョコレートの仕上がりに。

10粒×2箱入り 2700円(税抜)

また「静岡産紅ほっぺの生チョコレート」は『KURI BERRY FARM』の紅ほっぺを贅沢にフリーズドライし、パッケージもいちごを全面に使用した、見た目も楽しめる逸品です。

これらのチョコレートは、インターネットでも購入できます。

※オンラインストアはこちら

日本各地のこだわり抜いた素材と生チョコレートのコラボレーションによる新たな味わいを、ぜひご堪能ください。

 

※情報は2018.2.1時点のものです

この記事もおすすめ