絶品!牛テールスープもつ鍋が食べられる「七山 赤坂」

今夜は、福岡市中央区赤坂のもつ鍋「七山」に行きました。ここは牛テールスープで作ったもつ鍋が人気のお店です。

天神から一駅の福岡市中央区赤坂に位置しているのですが、店の入り口へ続く小路を歩いていくとちょっとした旅気分に。ここがビル1階であることを忘れてしまいそうな、風情ある佇まいです。

店内は、カウンター席とテーブル席、座敷もあるようでした。常連のお客さんなのか、一人でカウンター席に座り、お店の方と談笑している人や、幼い子どもを連れた家族連れなど、全体的に家族的な温かい雰囲気に包まれていました。

メニューは、「もつ鍋コース」(前菜、小鉢、鍋、〆、デザート/2800円)をはじめ、「特選もつ鍋コース」(3800円)、「黒豚しゃぶコース」(2800円)、「特選黒豚しゃぶコース」(3800円)といったお得なコース料理もありましたが、今回は単品で。「七山秘伝のもつ鍋(混ぜもつ)」(1280円)と「豚足」(480円)、厚切り雲仙ハム(480円)、白菜キムチ(380円)を注文しました。

 まずは、シャキシャキの野菜スティックの歯ごたえがたまらないお通しが登場。

次に、白菜キムチ、雲仙ハム、豚足と続きます。

鍋を食べるときって、ついつい他のメニューも注文しすぎてしまうのですが、今回もこれだけで結構お腹が満たされることに。「もつ鍋食べられるかな」と、若干の不安を残しながら、ついにお待ちかねのもつ鍋が登場!

鍋たっぷりにこんもりと高く盛られた野菜たち。下にはもつが入っています。火をかけて、数分経つと・・・

野菜がしんなりとしてきました。この時点でキャベツやにら、そしてもつの香りが漂ってきます。

そろそろかな~というところで、薬味を投入。ここの唐辛子は、佐賀県唐津市七山産、ゆず胡椒は自家製だとか。

七山の唐辛子を鍋に入れて、もう少し待ちます。

それでは、いただきます!

たっぷりの野菜と噛み応えのあるジューシーなもつ。こちらのお店では、国産黒毛和牛の6つの部位(小腸、赤センマイ、シマチョウ、ミノ、血管、テール)を使っているそうです。

中には「もつ鍋はちょっとクセがあって苦手・・・」という方もいらっしゃるかもしれませんが、このもつ鍋はさっぱりしていてクセがありません。美味しさの秘密のひとつが、スープにあります。冒頭に「牛テールスープで作ったもつ鍋」と紹介しましたが、なんと、5日間かけて煮込み、合計120時間もの時間をかけて熟成させた最高級の牛テールスープなんだそうです。

〆はチャンポン(180円)を注文し、最後の一滴までスープをおいしくいただきました。

どこかの料亭に行っているような雰囲気がありつつ、お手頃価格で上品なもつ鍋が食べられる「七山」。おススメです!

※情報は2018.2.12時点のものです

もつ鍋 七山 赤坂

住所福岡市中央区赤坂1-5-11 アバンダント89-1F
TEL092-711-7776
FAX092-711-7776
URLhttp://nanayama.jp/

大きい地図で見る

この記事もおすすめ