幻の魚「エツ」を食べて有明海の環境保全に貢献!割烹料亭「福喜」の粋な企画

有明海でのみ生息し、わずか2カ月間しか食すことができない貴重な魚「エツ」の季節がやってきました。

「エツ」は、日本では有明海だけに生息している、 全長約30cmのカタクチイワシ科に分類される魚。刺身、 塩焼き、 煮漬け、 南蛮漬け、 えつ寿司など料理は多彩で、 脂が乗っていてとても美味しいのですが、鮮度の落ちが早く、他の地域ではなかなか味わえない地元メニューです。

一方で、周辺の経済社会や自然環境の変化に伴い、有明海や八代海の漁業資源の悪化が進むという深刻な問題も。そうした環境保全の問題に貢献しようと、福岡県大川市榎津にある割烹料亭『福喜』が粋な企画を実施することとなりました。

『福喜』を運営する有限会社「福湯すし」では、有明海で行われるエツ漁の解禁に伴い、5月1日~6月末の期間中、エツ料理を提供。そのエツ料理1皿ごとに100円が有明海の漁場環境の保全を目的に寄付されるそうです。地元でも最多級のエツ料理のメニュー数を誇る『福喜』で、幻の魚ともいわれる「エツ」を味わいながら、その生息地・有明海の環境保全にも貢献できる企画。この機会にぜひ「エツ」料理をお楽しみください。

福喜
所在地:〒831-0004 福岡県大川市榎津 834-1
TEL:0944-86-5062
営業時間 :11:00 ~ 23:00
URLhttp://fukuki.net/

※情報は2018.4.26時点のものです

この記事もおすすめ