フレンチをお得に楽しむ17日間『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2018』

国内最大級のフランス料理イベント「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク20189月22日(土)~10月8日(月・祝)の計17日間、全国600軒以上のフレンチレストランで開催されます。

今年のテーマは「トレ・ボン!日本のテロワール」一律価格でのコースメニュー(ランチ2,500円 または 5,000円、ディナー5,000円)提供に加え、各店のシェフたちが、日本独自の食材の魅力をフランス料理でアピールします。

フランス料理が気軽に、そしてお得に楽しめる17日間。7月に福岡市中央区浄水通の「Restaurant Kazu(レストラン カズ)」で開催されたプレスランチでは、次世代を担う「フォーカスシェフ」の九州代表として選ばれた「レストラン アレナ(福岡市)」の有馬亮シェフと、「オテルグレージュ ロルキデ・ブランシュ(福岡県宗像市)」の兵頭賢馬シェフ、そして「レストラン カズ」の篠原和夫シェフによる素晴らしいメニューが提供されました。

パルメザンチーズのクレーム・ブリュレ(篠原シェフ)

パルメザンチーズのクレーム・ブリュレ(篠原シェフ)

糸島シンシアのコンフィ、伊崎産あさりのジュ、赤鮑とセロリのアクセント(有馬シェフ)

糸島シンシアのコンフィ、伊崎産あさりのジュ、赤鮑とセロリのアクセント(有馬シェフ)

鐘先産クエのボンファム風 ヌーベル・クラシック(兵頭シェフ)

鐘先産クエのボンファム風 ヌーベル・クラシック(兵頭シェフ)

耳納豚の低温キュイ、うきはの桃の瞬間コンポート(篠原シェフ)

耳納豚の低温キュイ、うきはの桃の瞬間コンポート(篠原シェフ)

うきはの松野牧場のミルクアイス、キャラメル・ショコラ(篠原シェフ)

うきはの松野牧場のミルクアイス、キャラメル・ショコラ(篠原シェフ)

プレスランチには、フランス料理界の重鎮、上柿元勝シェフをはじめ、「ローブランシュ(福岡市)」の白水鉄平シェフ、「フランス料理 ブイヨン(佐賀県伊万里市)」の前田泰志シェフ、「ヌーヴェル・キュイジーヌ・タカハシ(大分市)」の高橋翔太朗シェフも参加。訪れたメディア関係者と歓談しながら美食の時を堪能しました。

現時点での参加店舗は667軒(九州は73軒)。期間中は、人気シェフの料理を日替わりで味わうイベントや日仏の星つきシェフが集結する「ガラディナー」なども開催されます。この機会に、全国各地のフランスレストランでスターシェフ、新進気鋭のシェフたちの自慢のメニューをぜひお楽しみください。

撮影:Webマダム (山本美千子)

ダイナースクラブ
フランス レストランウィーク2018

■開催期間:2018年9月22日(土)~10月8日(月・祝)

■内容:参加全店舗でランチ2,500円または5,000円、ディナー5,000円の限定コースメニューを提供。
※いずれも税・サービス料込
※ランチ、ディナーとも<前菜・メイン・デザート・食後の飲み物>が基本コース構成(内容は各店舗によります)

■対象レストラン:全国の参加フレンチレストラン600店舗以上

■予約開始2018年9月5日(水)10:00から
※ダイナースクラブ プレミアムカード会員は8月23日(木)10:00から
※ダイナースクラブ会員は8月29日(水)10:00から

■予約方法:公式サイト経由「一休.com レストラン」「ヒトサラ」または電話で直接店舗へ

予約開始は9月6日(水)10:00から。公式サイト経由か一休.comレストランおよび電話で直接店舗へご予約ください。

■公式サイトはこちら

■公式facebookはこちら

※情報は2018.7.26時点のものです

この記事もおすすめ