タイ料理の人気店が手掛ける自家製お野菜たっぷりのベト飯! 【ベトバル☆アンディ】(大名)

天神西通りからすぐのベトバル☆アンディ 

 福岡市大名で店を構えて20年目を迎えたタイ料理の人気店「ガムランディー」の進藤オーナーが、「いつかは」と胸に温めていたという構想が実現したと聞きつけ、この6月にNEWオープンしたばかりのベトナム料理店「ベトバル☆アンディ」にファンファン編集部がおじゃましました!

蓮の茎がすごく印象的です。「蓮の茎のサラダ」890円

 

 ベト飯といえば、フォーや生春巻きはすでに身近なメニューですが、ほかにも多彩なんです。アンディさんでも、軽めのおつまみやサラダに始まり、肉系、魚系、麺、ご飯と充実のラインアップ。選ぶのに迷いますが、それが楽しいですね♪♪

とはいえ定番もはずせません。マストな「生春巻き」は1本から注文可。1本280円

 

 このお店の特徴は、何といってもふんだんな野菜使い。姉妹店のガムランディーさんも自家農園で育てたパクチー、空芯菜、ミント、バジル、レモングラスといったアジアン野菜やハーブを使ったメニューで知られていますが、ここも同様です。いえ、むしろこちらのほうが、野菜やハーブの存在感が格別な気がします。冒頭に紹介した「蓮の茎のサラダ」など、すっかりファンになってしまいました。蓮の茎、おいしい! 「野菜盛」400円もあるので、揚げ物なんかを野菜で巻き巻きして食べたい人には、こちもおすすめです。

ちなみにこれが蓮の茎。何気にかわいいビジュアルでストローくらいの太さ

 

「豚皮のカリカリ揚げ」300円と自家製パクチーがアクセントの“パクポテ”「パクチーポテト」300円は、無限ループの罠やね…。ベトナムビール「333(バーバーバー)」と「サイゴンスペシャル」のお供に

 

プリプリ海老と野菜たっぷりのお好み焼き「バイン・セオ」860円

 

ライムの葉の香りが爽やかです。アツアツの「ベトナム式さつま揚げ」750円

 

「せせり串焼き」1本120円。ビールもう1本!

 

ベトナムビール…軽やかなんでついつい

 

「揚げ魚のライスペーパー包み」「海老のココナツジュース蒸し」など、まだ頼んでみたいメニューがいっぱいなのに…ビールをセーブするべきやった…。お腹と相談して、泣く泣くシメに。

定番の「鶏のフォー」830円 。国産鶏のだしがしっかり。美味野菜の存在がおいしさを後押し

 

お店の激推し「ハノイ式つけ麺」(750円)。肉だんごの存在感がハンパない!

 

これからどんどん女性を中心にファンが増えそうな予感がひしひしとします。ランチもすでに話題になっているようですね。ベトナムサンドイッチ「バイン・ミー」とベトナムコーヒーのセットもあるんです。次回はランチで伺おうと思います♪

オーナーシェフの進藤義浩さん。美味しい一皿のために野菜の収穫も調理も!

 

 

ベトナムの街角にあるような雰囲気の居心地のよいお店です!

 

 

※情報は2018.8.23時点のものです

【ベトバル☆アンディ】

住所福岡市中央区大名2-1-17 ムラサキプレイス1F (西通りのドラッグイレブンから西に入る)
TEL092-791-9539
URLhttps://www.vietbarandi.com/
その他

  11:30~14:30(LO)/17:30~23:00(LO)

 

この記事もおすすめ