ソラリア西鉄ホテル福岡17階、レストランフロアがリニューアルオープン!

2015年からリニューアルが進んでいた「ソラリア西鉄ホテル福岡」ですが、10月1日(月)、17階レストランフロアを最後にリニューアル完了となりました。
一足先に、お披露目会場に潜入。

ソラリア西鉄ホテル17階には今回のリニューアルで鉄板焼き「Asagi(アサギ)」、Grill&Lounge「Red flamma(レッドフランマ)」、Bar「Trans blue(トランスブルー)」の3店舗構成になります。
ホテルの最上階に位置しているため、約60mの高さから見える絶景はお食事やお酒が進むのはもちろん、他では味わえない雰囲気を演出できそうです。

 

そして、新たにオープンする「Red flamma(レッドフランマ)」は、オープングリルで豪快に焼き上げるボリューム満点のお肉や、旬な魚介類および野菜の素材そのものの味を活かしたアメリカンスタイルの料理が提供されます。
ディナーは単品以外にも3種類のコースがあり、各種類の中でも前菜をどうするか、メインをどうするかなど自由に選ぶことができるフリーフリックススタイルが採用されてます(6,000円、8,000円、10,000円+サ・税で10%加算)。
素材の新鮮さは目で直接確認することもでき、期待が膨らみます。

 

各コースのサンプルがこちら。
どれも彩鮮やかで、食欲がそそられます。
今すぐ食べたい気持ち山々でしたが、ぐっとこらえて次の会場へ。

 

鉄板焼き「Asagi(アサギ)」ではプライベート感あふれる落ち着いた空間で伊万里牛をはじめ、九州産のこだわった和牛の鉄板焼きとホテルシェフならではのフランス料理が融合したコースを楽しめます。
シェフの後ろに広がる福岡の絶景を見ながら楽しむお食事は最高に楽しいはず。

 

バー「Trans blue(トランスブルー)」は隠れ家のようなこだわりの空間で選び抜かれたウイスキーやフレッシュフルーツを使った約50種類のカクテル等を楽しめます。
リニューアル前と後の雰囲気がガラッと変わっていて驚きました。

そして、圧巻だったのが1,000本以上のワインを保存しているワインセラー。
国内はもちろん世界各国のワインが福岡に集結、ワイン好きにはたまらない光景ではないでしょうか。

 

そして、試食会にて本日紹介された料理の一部を味わうことができました。
牛・豚・ラム・鶏の4種類の肉はどれも新鮮でおいしい!お箸が止まりません。
特にラム肉が臭みが一切なく、独特の風味が鼻を抜けて個人的には一番気に入りました。

お野菜の中ではスイーツトマトのカプレーゼがイチオシ。
もはやトマトの域を超えた甘さとフルーティな食感に心打たれました。
これはまた後日、お邪魔させていただかなくては!

リニューアルを経て時間に縛られることなく楽しめるようになったソラリア西鉄ホテル福岡17階レストランフロアは「オールデイダイニング」として生まれ変わりました。
目の前に広がる福岡・天神の景色を楽しみつつ、お食事やお酒を楽しみにうかがってみるのはいかが?

【ソラリア西鉄ホテル福岡、17階レストランフロア】福岡市中央区天神2-2-43
①鉄板焼「Asagi」
 営業時間:11:30~15:00(ランチ)、17:00~23:00(ディナー)
②Grill&Lounge「Red flamma」
 営業時間:6:30~10:00(モーニング)、11:30~15:00(ランチ)、18:00~23:00(ディナー)
③Bar「Trans blue」
 営業時間:18:00~24:00

※情報は2018.10.2時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ