台湾茶カフェ「ゴンチャ」が福岡パルコに九州初進出 カスタマイズも魅力

 台湾ティーカフェ「ゴンチャ」が10月26日(金)、福岡市・天神の福岡パルコ新館地下2階にオープンしました。

 2006年に台湾で誕生し、世界で約1,400店舗を展開している人気店です。日本では2015年に1号店の東京・原宿表参道店がオープン。九州への出店は今回が初です。

テイクアウトがメインですが、奥にはイートインスペースも

 お茶の産地として知られる台湾・阿里山で栽培された茶葉や高品質の茶葉を使って、丁寧に抽出した台湾茶が楽しめます。ベースとなるドリンクはジャスミングリーンティー、台湾茶を代表するウーロンティー、深い味わいが楽しめるブラックティー、阿里山の高級茶葉を使った阿里山ウーロンティーの4種類。茶葉の香りや風味を最大限に楽しんでほしいと、茶葉ごとに湯の温度や抽出時間を変えているそうです。もちろんオリジナルティーのみでも楽しめますが、カスタマイズできるのがゴンチャの特徴。

お好みで自由にカスタマイズOK!

 甘さや氷の量が選べるほか、パール(タピオカ)やミルクフォーム、アロエ、バジルシードなどのトッピング(それぞれ税込み70円で最大3つまで)が充実。「カスタマイズで約2,000種のバリエーションがあります」とPR担当の後藤千絵さん。好みで選んだ“マイゴンチャ”を生み出すのも楽しみの一つになりそうです。

レジ横には台湾のお土産で大人気のパイナップルケーキも

 オープンから3日間は、ドリンクメニュー購入各日先着100人にオリジナルトートバックをプレゼントするオープン記念イベントもあります。

ゴンチャ 福岡パルコ店
住所:福岡パルコ新館B2階(福岡市中央区天神2-11-1)
電話:092-753-8789
営業:10:00~22:00
不定休

※情報は2018.10.26時点のものです

福岡パルコ

住所福岡市中央区天神2-11-1
TEL092-235-7000
URLhttp://fukuoka.parco.jp/page2/

秋吉真由美

関連タグ

この記事もおすすめ