懐かしのコッペパンを新しい楽しみ方で食べる【マークイズリポート】

 「給食の思い出はコッペパン」という人も多いのでは? 11月21日(水)にグランドオープンした商業施設「マークイズ福岡ももち」(福岡市中央区地行浜)の「パンの田島+ドトール」では、レトロな雰囲気の店内で焼きたてのコッペパンとパンに合うコーヒーが楽しめます。

 「パンの田島」は関東を中心に展開。「パンの田島+ドトール」は全国でも初めてです。マークイズ福岡ももちの2階デッキ部分にできたこちらの店舗は、窓際の席の景色が抜群! ヤフオクドームやヒルトン福岡シーホークが一望できます。

かわいい入り口に期待も高まります

 今回食べたのはいずれもこのお店限定のメニューで、おかず系コッペパンの「明太チーズポテト」(税込300円)と、クリームチーズを使ったスイーツ系コッペパン「自家製ブルーベリー・クリームチーズ」(280円)です。

 懐かしい瓶に入った「田島特製 珈琲(コーヒー)牛乳」(300円)とセットにすると、フライドポテトまでついてきました。フライドポテトは、コッペパンとドリンクをセットで注文するとついてきます。食べごたえがありますね。

明太チーズポテトのフライドポテトセット

 まずは明太チーズポテトから。思ったよりからしが効いていて大人向きの味です。パンはふんわりとしていて、いくらでも食べられそう。ですが、しっかりと主張するチーズやほっくりしたポテトなどの具材がたっぷりなので、満足感がすごい!

自家製ブルーベリー・クリームチーズと田島特製珈琲牛乳

 お腹いっぱいになりましたが、甘いものは別です。「自家製ブルーベリー・クリームチーズ」は、果実たっぷりの自家製ブルーベリージャムが爽やかなコクのクリームチーズとよく合っています。新発売のクリームチーズを使ったコッペパンは、イチゴジャム、つぶあん、ブルーベリーと合わせた3種類。イチゴジャムやつぶあんも気になります。

 パンの田島特製の珈琲牛乳は甘すぎないまろやかな味でした。コッペパンとの相性が抜群です。

揚げパンの種類も豊富

 今回は食べられなかった「揚げコッペ」(140円)やショーウインドウにある「カニクリーム」(220円)も気になります。揚げコッペにソフトクリームをプラスした「コッパフェ」(プレーンは390円)も食べてみたい! 値段もお手頃なのでいくつか頼んでシェアするのもいいかもしれませんね。

 がっつり食べたい人にも、軽く食べたい人にも、スイーツ感覚で楽しみたい人にもおすすめです。懐かしい気持ちを体感しに訪れてみては?

レトロな雰囲気のカウンター。揚げたてパンに思わず目がいきます

 

パンの田島+ドトール
住所:マークイズ福岡ももち(福岡市中央区地行浜2-1-1  2階デッキ)
電話:092-834-6025
営業:10:00~21:00

※情報は2018.11.22時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ