大人の隠れ家的居酒屋で、朝まで飲める【あほう鳥 離れ】

 昭和の香り漂う福岡市博多区中洲の人形小路に入ると、ガラス越しに目に入るおしゃれなカウンター。「あほう鳥 離れ」は女子会や宴会はもちろん、夕方から翌4時まで営業してるので二次会や三次会での利用もできる大人の隠れ家的お店です。

 こちらのお店は刺身や串ものをはじめ、鍋、焼き物、揚げ物など<博多のうまいもん>を中心とした、肉も魚も楽しめる豊富なメニューが魅力です。

 最初にいただいたのは1日限定10食という看板メニュー「とり刺 四種盛り(税込1,296円)」。タレは刺身しょうゆ、ポン酢、ごま油の3種類です。薬味はローズソルトやおろしわさびなど。まずは「ササミ刺昆布〆」をしょうゆでいただきます。昆布の風味がしっかりしているのでしょうゆは少しでOK。うまみがすごい!

 次は「地鶏レバ刺」をごま油、ローズソルト、韓国のりでいただきます。くさみはなく、好き嫌いが分かれがちなレバーでも、これは食べやすい!

看板メニューの「とり刺 四種盛り」

 「地鶏むね刺」はコクのあるまったりした味がくせになりそう。これはポン酢でいただきました。ゆずこしょうをつけてさっぱりさせると、より味が引き立ちます。

 「地鶏もも刺」はぷりっとした食感。肉のうまみがしっかり伝わります。おろしわさびとしょうゆでいただきました。ビールに一番合うのはこの部位…かな!?

おすすめメニューが描かれた黒板

 ボリュームが結構あるのでこの時点ですでに満足感が。ここでお酒を挟んで小休止。こちらのお店は酒の種類も豊富なので、料理に合わせて変えたいですね。店のおすすめは品ぞろえに自信ありの焼酎だそうです。

 次にいただいたのは人気メニュー「あほう鳥 特製つくね(378円)」です。ふっくらとしていていい香り。

タレの香ばしい香りがいいですね

 口に含むとあふれんばかりの肉汁が! タレが香ばしく、つくねとの相性もばっちりです。添えられた卵黄につけて食べると、まろやかな味わいになってまた新たなおいしさが。2度おいしいので得した気分です。こちらは1日限定50食。早めに注文するのをおすすめします。

 最後にいただいたのが、揚げ物の中で特に人気という「アボカドのカダイフ包み揚げ(葉わさびタルタルソース)(864円)」です。カダイフとはトウモロコシの粉、小麦粉、塩を水でよく練り糸状にした衣のこと。フランス料理などで使用されているそう。ぱりぱりとした食感に夢中になってしまいました。

「アボカドのカダイフ包み揚げ」はパリパリの食感が病みつきに

 葉わさびのソースは辛いのでは…と思い慎重に口にしましたが、タルタルで程よく辛みが緩和され、わさびの風味がふんわりと鼻を抜ける程度でした。これなら辛いのが苦手な人も安心ですね。

おしゃれなカウンター席

 忘年会コースの用意もあるそうですが、カウンター席でのひとり飲みにもお勧めです。とにかくメニューが豊富なので、1回では食べ尽くせません。友人を誘ってシェアするもよし、カウンターで常連になるもよし!?  気になる方は訪れてみて。

 

あほう鳥 離れ
住所:福岡市博多区中洲4-1-27
営業:18:00~翌4:00(L.O.3:00)
電話:050-3467-2424
定休日:不定休

※情報は2018.12.3時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ