寒い冬は名物もつ鍋で温まる【博多もつ鍋おおやま本店】

 いきなり寒くなってきた今日このごろ…。鍋が食べたいなと思い、福岡市博多区店屋町の「博多もつ鍋おおやま本店」に行ってきました。

取材日は雨でよりいっそう冷えました

 外の寒さに冷え切って、とにかく鍋が食べたい気分だったので「もつ鍋(みそ)」(1人前税込み1,490円、注文は2人前~)を注文。こちらのお店では鍋が出来上がった状態で持ってきてくれるので、15~20分ほど待ちます。

 その間にサイドメニューを注文して待つことに。

 もつ鍋がみそでこっくりした味わいなので、サイドメニューはあっさり系がいいかな…と思い、おすすめを伺いました。

お酒によく合う味つけと、やわらかい食感にやみつき

 イチオシしてもらった「柔らか牛すもつ」(745円)は希少なもつを使用し、ポン酢でさっぱり仕上げています。名前の通りやわらかいもつは、歯ごたえもクセになりそう。ゆずこしょうを付けると風味が変わっておいしさも倍増です!

 ドリンクを忘れていました! 「ご当地」シリーズは女子ウケも抜群。博多あまおう、宮崎日向夏、大分かぼす、熊本デコポンの4種類のいずれかを使った、ハイボール(各594円)、サワー(同)、ノンアルコールのスパークリング(炭酸水)(410円)があります。

熊本産馬刺しはクセがなくとろけるような舌触り!

 飲みつつ続いて出してもらった「馬刺し三種盛り(極上大トロ、上赤身、タテガミ)」(2,462円)は熊本から直送。新鮮でくさみがなく、ショウガとネギでおいしくいただきます。口の中に入れた途端とろける食感に食べる手が止まりません。

 サイドメニューに舌鼓を打っていると主役のもつ鍋が登場しました!

もつ鍋みそ味(写真は2人前)。ニンニクの香りに食欲が増します

 くつくつという音と、ふんわり香るニンニクに食べる前から食欲が刺激されます。お客さんの8割以上がこちらのみそ味を注文するそうです。「ニラと豆腐だけは仕上げに入れている」そうなので、「好みの硬さで食べてください」とのこと。

 国産のもつはやわらかくぷりぷり! 脂がさらっとしているので、いくら食べても飽きません。九州みそや西京みそなど、数種類のみそをブレンドし、昆布、かつお節から丁寧に取っただしと、おおやま特製のタレを加えたつゆは濃厚でこっくりと深い味わい。もつにも野菜にもしっかり味が浸透していて「これぞ博多のもつ鍋!」といった感じです。

 デザートに「激うま洋梨シャーベット」(346円)をいただき口の中をさっぱりさせて、本日は終了。

家族や友人と鍋を囲んで♪

 存分に鍋を楽しんだらお腹がいっぱいになってしまい、鍋の締めにはたどり着けませんでしたが、それはまた今度。すっかり身も心も温かくなりました。

 常においしいもつ鍋ですが、寒い日に食べると格別のおいしさ。この季節にぜひ、お店を訪れてみては?

 

博多もつ鍋 おおやま 本店
住所:福岡市博多区店屋町7-28
営業:17:00~24:00(L.O.23:30) ※12月のみ金・土・祝前日は17:00~翌1:00(L.O.翌0:30)
電話:092-262-8136
定休:不定休

※情報は2018.12.21時点のものです

やはた

この記事もおすすめ