あぶりのひと技が効いた“オトナ味”【もつ鍋仙頭 中洲店】

 寒くなると、やっぱり「鍋」の店に足が向いてしまいますね。今回は、ちょっとオトナな味わいとシチュエーションで女子会やデートにもぴったりな「もつ鍋仙頭(せんどう)」中洲店(福岡市博多区)に行ってきました。

自家製塩ダレがベースの「塩もつ鍋」1人前1,380円(2人前~)

中洲の隠れ家的なお店で大人の「もつ鍋」いかがでしょう?

 中洲4丁目、ホテルリソルトリニティ博多の近くにあり、隠れ家的な雰囲気の店内。すっきりとしたインテリアに壁にはモダンアートが飾られ、大人向けのムードです。1階はカウンター席、今回は2階のテーブル席でいただきます。

 まずは、あっさりした味わいの「和牛酢もつ」(680円・税別)でビールを1杯。「きゅうり1本漬け」(450円)も合いますね。

酢もつとキュウリでまずは1杯

まずは「和牛酢もつ」と「きゅうり本漬け」で1杯

 次に「仙頭サラダ」(680円)。キャベツの千切りの上にのっているのは…、さて何だかお分かりになりますか?

「仙頭サラダ」(680円)キャベツの上にのっているのは…

「仙頭サラダ」(680円)キャベツの上にのっているのは…

 ショウガの甘酢漬け、いわゆる「ガリ」です。甘過ぎることなく、とてもよい味のバランス。口の中がさっぱりとしますし、お酒のアテにもなる。気に入りました!

 いよいよ、お目当ての鍋の出番です。お店の人気ナンバーワンという「塩もつ鍋」(1人前1,380円・2人前~)をいただきます。

あぶりが

自家製塩ダレがベースの「塩もつ鍋」1人前1,380円(税別・2人前~)

 スープをひと口。自家製塩ダレがベースになっていて、コクがありながらも、決してしつこくありません。レモンがしっかりと香るのがアクセント。もつ鍋というのに、爽やかな印象さえ残します。

 主役のモツは、国産の牛モツが大胆に大ぶりにカットされ、見た目にも口に含んでも、なかなかのボリューム感です。そして何より印象的なのは、“あぶり”の味わい。炭火でしっかりと余分な脂を落としたひと技が、この鍋の個性を「大人の味」として決定付けているなと感じました。 白髪ネギとの相性も抜群です。

 ゆずごしょう、唐辛子、自家製辛みそで味を調整できます。当方は今回、ゆずこしょうをチョイス。

 シメは、「自家製ちぢれ麺」(1玉350円)に。「自家製ちゃんぽん麺」と迷いました~。雑炊にもできますよ。

シメは自家製ちぢれ麺

シメは「自家製ちぢれ麺」に

 ほかにも自慢の炭火焼アラカルトがいろいろとありました。もつ鍋が看板メニューではありますが、「炭火焼で晩酌」というセレクトでも楽しめるお店です。地酒もそろっています。

肉、魚介、野菜と炭火焼きのアラカルトも魅力的

肉、魚介、野菜と炭火焼きのアラカルトも魅力的

 中村店長をはじめ、イケメンスタッフがそろっていたのも大いに気になるところでした。次回は、女子会を設定せねば(笑)

店長のさん

店長の中村研仁さん

 

もつ鍋仙頭(せんどう) 中洲店
住所:福岡市博多区中洲4-3-12
営業:18:00~翌2:00 不定休
電話:092-409-5439

※情報は2018.12.22時点のものです

もつ鍋仙頭(せんどう) 中洲店

住所福岡市博多区中洲4-3-12
TEL092-409-5439
URLhttps://nakasu-motunabe-sendo.owst.jp/

なかむら

この記事もおすすめ