「冷めてもうまい♪」元気つくし誕生10周年、プレゼント当選者が決定

 JA全農ふくれんは2月14日、福岡県産米「元気つくし」の誕生10周年を記念したプレゼントキャンペーンの当選者を決める抽選会を実施しました。約3万の応募の中から、「めし丸元気つくし」1年分や福岡県産ブランド肉などの当選者1,110人が選ばれました。

抽選する「めし丸元気つくし研究会」の長野久会長

  「元気つくし」は、10年の開発期間を経て、2008年10月に誕生。「暑さに強く元気に育ち、食べる人に元気を与えるおいしいお米」との思いを込めて“元気つくし”と名付けられ、「冷めてもうまい~元気つくし♪」のCMでもおなじみです。

 誕生10周年のキャンペーンは「金のめし丸『元気つくし』は10周年! 感謝にコメをコメて! キャンペーン」と題し、昨年10~12月に実施されました。

 抽選会には、元気つくし生産者などでつくる「めし丸元気つくし研究会」の長野久会長が参加。長野会長は「一粒一粒がしっかりしていて、冷めてもおいしいお米です」と元気つくしの魅力をアピールし、「10年愛されるお米になってうれしい」と話していました。

「CMで言う通り! 冷めてもおいしい!」と長野会長

 お気に入りの食べ方を聞くと「おにぎりがおすすめ」と長野会長。「米の味わいが分かる塩むすびを食べてみて」とのこと。ぜひお試しを!

※情報は2019.2.20時点のものです

秋吉真由美

この記事もおすすめ