作っている様子も撮りたい!【マンハッタンロールアイスクリーム】

 福岡「映え」カフェ特集の5店舗目。アイスクリームショップ「マンハッタンロールアイスクリーム 福岡大名店」です!

 タイの屋台が発祥という人気スイーツ、ロールアイス。その専門店「マンハッタンロールアイスクリーム」は原宿に1号店をオープンして以降、人気はSNSを中心に拡大し、2018年7月に福岡初上陸。今も土日は行列ができる人気店です。

お店の前で撮影している女の子たち

 お店は福岡市中央区大名の紺屋町通りの小道を入ったところにあります。

 季節によって変わるメニューは、常時7種類(いずれも税込み850円)。今回は冬季メニューの人気商品「ジャンドゥーヤショコラ」をチョイス。

 「では作っていきますね!」と笑顔でコテを持つスタッフの住田未来さん。チョコアイスのクリームベースとナッツプラリネのペーストを、マイナス20度の鉄板の上に流し、混ぜては伸ばしを繰り返して、1mmほどの薄さにしていきます。

 鮮やかな手つきは、思わず動画を撮りたくなってしまいます。正方形に整えて「では巻いていきます」の声とともに5cmほどの幅でくるくるとアイスを7個に巻いてカップへ詰めていきます。きれいに収まった様子はまるで花束みたい!

鮮やかな手つきでくるくると巻いていきます

 その上に生クリームを絞り、ストロベリー、ミックスベリー、ヘーゼルナッツ、ビスケット、ミントを飾って完成です。華やかな見た目に思わずうっとり。フルーツも冷凍ではなくすべてフレッシュフルーツを使用するこだわりぶり。旬の果実のみずみずしさが見た目からも伝わってきます。

花束みたい!

 「見て、食べて、2倍楽しんでくださいね」と住田さん。2階のイートインスペースへ上がると写真映えするアイテムがたくさん置いてあり、お客さんが思い思いに撮影していました。

「完成です」と住田さん

 ニューヨークの街並みを意識したデザインの小物が多く、気に入ったのは道路標識のようなアイテム。これをバックにアイスを掲げて撮影しているお客さんを多く見ました。フォトジェニックなアイスをさらにかわいくしてくれるアイテムを使って、撮影を済ませたら、さあいただきます。

ニューヨークで撮影したみたいに見えるかな?

 スプーンを当てた感じだと、「結構硬いのかな?」と思いましたが、空気を含ませたアイスは、口に入れるとふんわりと溶けていきます。出来たてなので口当たりも滑らか。ナッツの風味が香ばしく“大人のチョコアイス”といった感じ。軽めの生クリームとみずみずしい果物がアクセントになって、一口ごとに新鮮な味がします。

道路標識をバックに撮っていました。参考にさせてもらいます!

 ボリューミーなのでちょっとお腹を空かして訪れたほうがオススメかも? 作っているところも楽しめて、出来上がっても楽しめる。何度でも楽しめるスイーツですね。

 春に新しくなるメニューを今から楽しみにしつつ、お店を後にしたのでした。

 

マンハッタンロールアイス 福岡大名店
住所:福岡市中央区大名1-3-51
営業:11:00~19:00(L.O.18:30)
不定休

※情報は2019.3.5時点のものです

やはた

この記事もおすすめ