意外と知られていない! カナダ料理をヒルトンで楽しむ

 グルメの分野において「カナダといえば?」で出てくるのはまずメープルシロップ、次にサーモンでしょうか。食材はよく知られているけど意外と料理は知らない気がします。そんな「カナダ料理」がヒルトン福岡シーホーク(福岡市中央区)4階の「ブラッセリー&ラウンジ シアラ」で3月31日(日)まで食べられるというので、体験してきました!

 国土面積世界第2位の広さを誇るカナダは、海岸沿いや内陸など、地域によって特徴が異なり、「カナダの郷土料理」といっても地域ごとに異なるとか。

外からの光がまぶしい「ブラッセリー&ラウンジ シアラ」

 カナダ人シェフのマーカス・ロートバードさんが全面監修したという今回の「カナディアンフードフェア」では各地の味を忠実に再現したというカナダ料理が味わえます。原材料にもこだわり、できるだけカナダから仕入れたそうです。ランチとディナーどちらもビュッフェ形式です。

 カナディアンフードの専門店は福岡市内には存在していないそうで、貴重な機会です。ヒルトン福岡は「カナダの食文化を先陣を切って伝えたい」という気持ちで今回のフードフェアを企画したといいます。

ずっしりとしたお肉

 メニューは日替わりで、常時30種類ほどの料理が食べられます。ずらりと並んだ料理で一際目を引くのはやはり「カナダ産リブアイローストのカービング」(ディナーのみ提供)でしょうか。幅30cm以上はありそうな巨大な牛肉がこんがりと焼けていい香りを放っています。

「たっぷり盛ってください!」とお願いしちゃいました

 シェフ自ら切り分けてくれたので、お皿にたっぷり盛ってもらいました。付け合せに「ホイップポテト」を少々。肉の味がしっかりと感じられる軟らかい肉は、かめばかむほど肉汁があふれてきます。ホイップポテトも濃厚でほんのり香るチーズがいいアクセントに。「おかわりしちゃおうかな」と悩むほどのおいしさですが、「これを食べ過ぎると、ほかが食べられないぞ」と思いとどまりました。

マーカスさんが作ってくれた「トルティエール」

 シェフがその場で調理してくれた「トルティエール」は、カナダではクリスマスによく食べられる料理だそうで、香りが豊かなミートパイです。さっくりしたパイ生地にシナモンを効かせたひき肉がよく合います。鼻に抜けるシナモンの風味で、クリスマスが待ち遠しくなりますね。

おつまみとしてもいい塩味のプーティン

 ケベック州が発祥とされ、カナダの代表的な料理だという「プーティン」はフライドポテトに、肉汁をもとに煮込んで作るグレービーソースと粒状のチーズをかけたもの。ほっくりとしたポテトにチーズの塩気がマッチします。味付けが結構濃いめなので、おつまみとしてもよさそうです。

魚介がたっぷり入ったシーフードチャウダー

 ヒルトン福岡シーホークの総支配人ジョシュ・ロバーツさんが「一番食べたいのはこれ!」とオススメしてくれたのが「イーストコーストシーフードチャウダー」。魚介がごろごろ入って濃厚です。どれも身が大きく、ぷりっとしたエビが特に気に入りました。

 デザートで気になったのは「ナナイモバー」。カナダの代表的なお菓子だそうで、マーカスさんも「これが食べられるところはなかなかないんです。ぜひ食べてください!」と大絶賛する一品です。名前に「イモ」とついていますが、芋は入っていません。ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー島東岸にある、かつての炭鉱の街「ナナイモ」で誕生したためこの名前が付いています。

これがカナダで愛されているお菓子「ナナイモバー」

 ブラウニーのような見た目をしており、下層には砕いたクラッカーとココナツ、中層にはカスタードクリーム、上層はチョコレートバターという3層構造のお菓子です。焼かずに混ぜて固めるお菓子で、夏場でも溶けにくいように作られているとか。

 サクサクとしたココナツクッキーが食感のアクセントになり、中層にあるカスタードはバニラの香りが濃厚。各層の間に仕込まれたベリージャムの酸味がほんのりと香るのもうれしいですね。とても甘いので「これは冬に濃いめのコーヒーを飲みながら、暖炉の前でくつろぐときに欲しい一品だ」と思いました。イメージは「大草原の小さな家」(ローラ・インガルス著)です。ほっこりとした気分になりますね。

あれもこれも食べたくてつい取りすぎますね

 今回初めて「カナディアンフード」を食べたのですが、当初抱いていた「メープルシロップがふんだんに使われているのかな」というイメージは覆されました。「カナダは移民の国なので、各国の“いいところ”を取り入れた料理が楽しめますよ」とマーカスさんが言っていたように、フランス料理のようだったり、イギリス料理のようだったり、先住民が築き上げたという伝統の味だったりと、各地域の特色が生かされた料理はカナダという国の多様性を表現しているようでした。

 日替わりでメニューが変わるそうなので、その日出合った地域のカナダフードを楽しんでください♪

 

ヒルトン福岡シーホーク「カナディアンフードフェア」
期間:~3月31日(日)
料金:
ランチ(12:00~14:00)
 平日 2,000円、6~12歳1,100円(5歳以下無料)
 土・日曜、祝日 2,300円、6~12歳1,200円(同)
ディナー(17:30~22:00)
 平日 3,600円、6~12歳1,900円(5歳以下無料)
 土・日曜、祝日 4,100円、6~12歳2,000円(同)
※消費税、サービス料が別途加算
問い合わせ:ヒルトン福岡シーホーク「ブラッセリー&ラウンジ シアラ」
電話:092-844-8000

※情報は2019.3.6時点のものです

ヒルトン福岡シーホーク

住所福岡市中央区地行浜2-2-3
TEL092-844-8111
FAX092-844-7887
URLhttp://www.hiltonfukuokaseahawk.jp/

やはた

この記事もおすすめ