現在品切れ中! 名店「ダメヤ」のレトルトカレーを食べてみた

 スーパーで買い物をしていると、野芥(福岡市早良区)と薬院(同中央区)に店舗を構えるカレーの名店「ダメヤ」のレトルト商品を発見! 早速、購入して食べてみました。

店舗は行列が絶えない人気

 税込み950円とレトルトカレーとしては若干高めですが、国産の鶏肉を使用するなど原価も高く、化学調味料や着色料も使っていないとのこと。家でパッケージを参考にしてピーマンとトマトを軽くあぶり、半熟卵をトッピングして作ってみました♪ 

スパイスはダメヤ店主自らがひいて配合

 温めて封を開けると、スパイスのよい香りが立ち込めます。食べてみると、非常に豊かな味わいで、店舗で食べた時とほとんど遜色がありません! 贈り物としても良さそうです。
 ただし、ダメヤのブログによると、現在は品切れしているようです。

ダメヤ 5月20日のブログより
4月26日に発売されたダメヤバターチキンカレーレトルトですが下記すべてのショップで売り切れました。
JR博多駅内「博多銘品蔵」、キャナルシティ博多「ザ博多ギフトショップ」、博多阪急百貨店地下、六本松蔦屋、百道浜TNC会館内「逸品百彩 ももち浜」、ボンラパス薬院店、小倉エキナカひまわりプラザ3階「井筒屋 小倉駅店」
次の入荷は22日、23日頃の予定です。さらに売り場が増える予定です。

 予定通りなら、そろそろ再入荷される時期です。気になる方は販売元の「キヨトク」のホームページをチェックしてみてください。

ダメヤ監修 「職人仕込みのバターチキンカレー」
原材料:鶏肉(国産)、鶏出汁、トマト、サラダ油、バター、ヨーグルト、カシューナッツ、生クリーム、にんにく、しょうが、はちみつ、香辛料、レモン果汁、砂糖、塩、鰹節、(一部に鶏肉・乳成分を含む)
内容量:180g
販売価格:950円
くわしくはキヨトクホームページで確認を

※情報は2019.5.22時点のものです

ABC

この記事もおすすめ