6周年を記念しメニュー一新! フレンチトースト専門店試食会レポ

 2013年6月にオープンし、いまだに土・日曜は行列ができる福岡市中央区大名のフレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」が6周年を記念した新メニューを発表しました。今回の目玉は約半年をかけて開発したという新作パンを使ったメニュー。試食会へ行ってきました。

6周年の記念ビジュアル

 フレンチトーストはフランスでは「パンペルデュ」と言われ、余って硬くなったパンを卵に浸してバターで焼いたのが始まりです。欧米では朝食の定番メニューで、家庭でも簡単に作れますが、アイボリッシュではパンやアパレイユ(卵液)にこだわって、ソースやトッピングでアレンジし、家庭ではまねできないフレンチトーストを提供しているといいます。

 今回の新作の目玉とも言えるのが、アイボリッシュ用に新たに開発されたパン「ブリオッシュ」。

 オープン以来使ってきた「ラウンドパン」はアイボリッシュのフレンチトーストのために半年以上かけて開発されたパンで、アパレイユの味がしっかりと浸透するようにパンにはあまり味がついていません。パンそのものを味わうために、特別に何も浸していないパンを食べさせてもらったのですが、もそっとした食感で薄く塩味のついたパンは隙間も多く、正直あまりおいしいとは言えませんでした。

ブリオッシュ(左)とラウンドパンを持つメニュー開発メンバーの小倉秀一さん

 一方で食べ比べさせてもらった新作の「ブリオッシュ」。こちらも開発には半年以上時間をかけ、さくっとした軽い口当たりで、ほんのりとバターの味がします。パンそのものの味は圧倒的にブリオッシュがおいしかったのですが、フレンチトーストが一体どんな味になるでしょうか。

 6月からのメニューでは、新作のブリオッシュと既存のラウンドパンを半々くらいの割合で使用しています。メニューは食事系の「ミール」とデザート系の「スイーツ」にメニューが分かれていて、今回はどちらも少しずつ試食しました。

 

(ミール系)バターチキンカレー(1ピース税込み1,512円) ※ラウンドパン使用

まろやかな味わいだけどスパイシーさがくせになる「バターチキンカレー」

 「バターチキンカレー」は、ヨーグルトと塩で漬け込んだ鶏肉を使った初登場のメニュー。スパイシーな香りが店内を満たし、お腹がぐぅっと鳴ります。

 ラウンドパンのフレンチトーストに、チーズとガーリックをふんだんにまぶしていて、外はカリカリ、中はふわふわです。先ほどパンだけで試食した際はぼそぼそだったのですが、アパレイユが十分に染みわたり、とろっと仕上がっています。

 カレーをそっとのせて、ぱくっ! トマトや発酵バター、チキンに染み込んだヨーグルトがほんのり酸味を醸しているルーとアパレイユが染み込んだとろとろの甘いトーストに、ガーリックの香ばしさがふわっと香ります。ルーにたっぷり使用したという生クリームが、スパイシーさを中和しています。鶏肉はスプーンでもほろりと崩れるほど煮込まれていて、かむとじんわりと味が染み出ます。辛いのが苦手な人でも味わえるメニューだと思います。

 

(ミール系)モンティクリスト(1,836円) ※新作のブリオッシュ使用

ホットサンドのように具材を挟んだ「モンティクリスト」

 続いては「モンティクリスト」をいただきます。一口含むと、濃厚なチーズの味がガツンとしてふわとろの食感の生地が口の中ですっと消えていきます。

 こちらは新作ブリオッシュにイタリア産のモッツァレラチーズとプロシュートをサンドしています。注文が入ってから具をサンドし、アパレイユにくぐらせ、その後焼くので味に一体感が出るのだとか。ラウンドパンのフレンチトーストよりも食感がしっかりとして、さくっとした口当たりです。満足感たっぷり!

 付属のレンゲハチミツをちょっぴり垂らして食べるとまた違った味わいに。甘じょっぱさがクセになります。今回試食はできなかったのですが、実際のメニューにはラズベリーやブルーベリーをふんだんに使用したサラダが付いていて、こちらの爽やかな味と濃厚なトーストがマッチするそうです。

 

(スイーツ系)ブリオッシュプレーン(1,188円) ※新作のブリオッシュ使用

しっかりした味わいの「ブリオッシュプレーン」

 ミール系のトーストで、すでにちょっとお腹はいっぱいになってしまったのですが、スイーツは別腹ですよね!

 続いて出てきたのは圧倒的人気で一番ベーシックな「プレーン」を、ブリオッシュでリニューアルした「ブリオッシュプレーン」。ラウンドパンの「プレーン」を食べたことがあったので、「ブリオッシュに替わってもそこまで変わらないだろう」と思っていましたが、全然味が違ってびっくり。

 上のバターに入ったマスカットレーズンやドライクランベリーが、トーストの熱で溶けたバターを吸収し、しっとりと濃厚な味に。カリカリで香ばしいメープルチップと、バターが香るブリオッシュ生地のトーストがそれぞれに味わい深く、かむごとに違う食感と味を演出しています。熊本県産の「阿蘇小国ジャージー牛乳」を使用したさっぱり味のミルクアイスも付いていて、後味を爽やかにしてくれます。

 シンプルなトーストですが、細かい味の変化がうれしく、あっという間に平らげてしまいます。ラウンドパンの「プレーン」も引き続き販売されるそうなので、食べ比べてみるのもいいかも?

 

(スイーツ系)リリコイ(レギュラーサイズ1,836円) ※ラウンドパン使用

パッションフルーツの爽やかな甘味がよく合います

 夏を存分に感じられる「リリコイ」は、フレッシュなフルーツとひんやりと冷たいアイスパイン、そしてザクザクの「ココナツクロッカン」がのった食感も楽しいトーストです。

 ラウンドパンで作られたトーストは中がふわふわとろとろ。パッションフルーツのクリームソースがまろやかな甘さで、しゃっきりとした酸味のアイスパインとよく合います。全体的にさっぱりとしたトーストは、夏を感じる一皿に仕上がっています。

 さすがにこの辺でお腹いっぱいになってしまったのですが、ミール系とスイーツ系どちらも味わいたいという人は、ハーフサイズ(1,296円)も用意されています。2人で訪れてシェアするのもオススメです。

 

ほかにも、夏メニュー続々♪

小倉さんのオススメはヨーグルト味のパンナコッタがのった「ヨーグルト」

 夏限定メニューはほかにもあります。クリームチーズをサンドしたフレンチトーストにフルーツとヨーグルトのパンナコッタをのせた「ヨーグルト」(レギュラーサイズ1,728円)や、ひんやり冷たいフレンチトーストとたっぷりのトロピカルフルーツをのせた「パンプディング トロピカル」(1,728円)など。夏気分を存分に味わってください♪

「パンプディングトロピカル」も夏を感じます

 

6周年記念の限定裏メニュー!?

6周年にちなみ6段重ねようとしたがあえなく断念したんだとか

 今回発表された6周年記念メニューの「6th アニバーサリースペシャル」(2,808円)は通常メニューにはない“ゲリラメニュー”。4段重ねの迫力たっぷりのフレンチトーストですが、さっぱりとしたフロスティングクリームのおかげでいくらでも食べられそうな気がします。

 アイスやストロベリーのソース、マンゴーパッションソースなどがふんだんに使用され、2、3人で食べるのがちょうどいいくらいの大きさ。高さ20cmはありそうな大きなトーストは、写真映えしそうです。記念に注文してみては?

 

Ivorish 福岡本店
住所:福岡市中央区大名2-1-44
営業:10:00~22:00(L.O.21:00)
電話:092-791-2295
第1・3火曜日休(祝日の場合は営業)

※情報は2019.6.3時点のものです

Ivorish 福岡本店

住所福岡市中央区大名2丁目1番地44号
TEL092-791-2295
URLhttp://ivorish.com/
その他

営業時間:10:00~22:00(L.O.21:00)

定休日:第1、第3火曜日(祝・祭日の場合は営業)

やはた

この記事もおすすめ