世界遺産の宗像を応援するポテチ! アナゴ味の評判「うなぎ上り」

 福岡県宗像市の世界遺産・沖ノ島を取り巻く海の環境保全を応援する新作ポテトチップスの売れ行きが好調だ。宗像の夏の特産品であるアナゴを風味づけに使っており、目新しさが奏功している。

宗像特産のアナゴを使った湖池屋のポテトチップス

 菓子大手の湖池屋(東京)が売り上げ1袋ごとに1円を地元に寄付する。第1弾は宗像大豆を使ったしょうゆ味で、85万袋を売り上げた。

 第2弾は、同社が今まで使ったことのないアナゴに初挑戦した。濃厚な味わいが特長で、全国のポテチ好きからは「宗像特産だと初めて知った」という声も。市の関係者は「評判はうなぎ上り」と喜んでいる。

=2019/06/29 西日本新聞=

※情報は2019.7.1時点のものです

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、ファンファン福岡的注目記事をピックアップ!

この記事もおすすめ