華やかな“肉前菜”とフルーツビネガードリンク【オステリア ファルコ】

「オステリア ファルコ」はビルの2階にあります

「オステリア ファルコ」は薬院の住宅街のビル2階にあります

 福岡市中央区薬院の静かな住宅街に7月にオープンしたイタリア料理レストラン「Osteria Falco(オステリア ファルコ)」。オーナーは茨城県出身の一毛直樹さん、シェフはイタリアでの修業経験もある福岡県出身の植田雄介さん。東京の飲食店で一緒に働いていた2人が意気投合し、植田シェフが福岡に戻るのをきっかけに、一毛さんも福岡へ移住してこの店をオープンしたといいます。

カジュアルに楽しめる明るい雰囲気の店内

カジュアルに楽しめる明るい雰囲気の店内

 「Falcoはイタリア語で鷹という意味。シェフが熱烈なソフトバンクホークスファンなんですよ」と一毛さんは笑います。

オーナーの一毛●さんはマネジメントとホールを担当しています

オーナーの一毛直樹さんはマネジメントとホールを担当しています

 看板メニューは、バラエティー豊かな肉料理を味わえる“肉の前菜”。「肉前菜盛り合わせ5種」(1人前税込み972円 ※写真は2人前)は、豚肩ロースの自家製ハム、豚のテリーヌ、鶏むね肉で燻製(くんせい)チーズを巻いたインボルティーニ、白レバーのパテ、パルマ産生ハムなど。調理法も風味も多彩な肉料理が華やかに盛られています。どれも軽く楽しめるものばかりです。

多彩で華やかな「肉前菜の盛り合せ」(2人分)

多彩で華やかな「肉前菜盛り合せ5種」(2人前)

 合わせるワインは全てイタリア産で、グラスワインが昼は1杯540円、夜は同756円~と手頃な価格で用意されています。
 アルコールが苦手な人には、自家製のフルーツシロップに穀物酢や白ワインビネガーを注いだドリンク「フルーツビネガー」(594円)がおすすめ。さっぱり爽やかで甘すぎず、料理にもマッチします。しかも見た目がフォトジェニックなので女性に人気です。
  「レモン」「焼きリンゴはちみつ」「グレープフルーツ」はフルーティーさが、「ミニトマトバジル」は野菜のうま味が際立ち、「こんなフルーツビネガー初めて」と驚く人が多いそうです。秋はナシなどを使った新メニューを提供する予定といいます。

味も見た目も爽やかな「ビネガー」

味も見た目も爽やかな「フルーツビネガー」各種。一番人気は「焼きリンゴはちみつ」

 オーナーのふるさと、茨城県で有名な醸造所「常陸野(ひたちの)ネストビール」のクラフトビールは、福岡ではなかなか目にできない品です。「茨城の農家“Ayumu Agri(アユムアグリ)”から直送してもらう野菜など、故郷の素材を使うことが多いんです。今後も福岡の皆さんにおいしさを紹介していきたいですね」と一毛さんは話します。

茨城から取り寄せるクラフトビール

茨城から取り寄せるクラフトビール

 ハンバーグやパスタ、フライドポテトなどをワンプレートにのせた「お子様ランチ」(900円)もあり、手打ちのパスタも評判。ファミリーでも利用したいカジュアルなレストランです。

「お子様ランチ」もあってファミリーでも利用したいお店

「お子様ランチ」があってファミリーでも利用するにもいいですね

イカスミを練り込んだ手打ちパスタも人気

イカスミを練り込んだ手打ちパスタも人気

DATA
座席…16席
平均予算…昼1,200円
     夜4,500円
個室…なし

Osteria Falco 
住所:福岡市中央区薬院伊福町11-1 KAZビル2階
電話:092-523-8502
営業:11:30~14:30(L.O.14:00)、17:30~23:00(L.O.22:00)
月曜休

※情報は2019.9.2時点のものです

Osteria Falco

住所福岡市中央区薬院伊福町11-1 KAZビル2階
TEL092-523-8502

ヨシダアキコ

ライター歴四半世紀超え。3度の飯より旅が好き! リュック背負って訪問したのは31の国と地域。この10年は台湾にハマり、年に数回のペースで現地へ。あろうことか福岡より台湾の新情報のほうが詳しくなりつつある日々(反省中)

この記事もおすすめ