箱崎のお土産に栗入り白あん「伏敵最中」いかが【筥崎小豆庵】

 福岡を代表する秋の祭り「放生会(ほうじょうや)」が開かれるなど、博多っ子にゆかりの深い筥崎宮(福岡市東区)。同宮の東門から目と鼻の先の静かな住宅街で営まれているのが、和菓子店「筥崎小豆庵(はこざきしょうずあん)」です。店主の田中正己さんは、菓子の製造販売だけでなく、店のロゴマーク作りやパッケージデザインまで、すべて自分で手掛けるなど、こだわりのお店です。

箱崎の住宅街、筥崎宮東門からすぐにあります

箱崎の住宅街、筥崎宮東門近くにあります。のれんの文字も店主作

 以前は、大手インフラ企業の技術畑で働いていたという田中さん。一念発起して脱サラし、和菓子作りの世界へ飛び込みました。会社員時代から、職場に手作りの菓子を差し入れして批評を聞くなど、とにかく研究熱心でモノづくりへの意欲は人一倍。さらに東京の製菓学校で2年間、年の離れた若い同級生と共に和菓子の基礎を学び、卒業後は菓子製造会社で力を磨いて、2012年に満を持してこの店をオープンさせました。

こだわりの品が並びます

店主の田中正己さんによるこだわりの品が並びます

 「筥崎宮というすばらしい神社があり、せっかく人が集まるのに『箱崎に来たから買っていこう』という名物やお店がこの周辺になかったんです。それなら私が作ってみようと思い、筥崎宮にちなんだお菓子を考え、店に並べました」と田中さんは話します。

筥崎宮の扁額にちなんだ「伏敵最中(ふくてきもなか)」

筥崎宮の扁額にちなんだ「伏敵最中(ふくてきもなか)」 1個税込み150円

 そこで田中さんが作ったのが、筥崎宮のお膝元を象徴する「伏敵最中(ふくてきもなか)」(1個税込み150円)。お宮の楼門に掲げられた「敵国降伏」という大きな扁額をモチーフにしています。

 パリッとしたもなか生地の中には、季節の素材や風味を感じられるあんが詰まっています。あんの種類は豊富で、例えば「小倉」「柚子(ゆず)」「抹茶」「生姜(しょうが)」他にも「梅」「桜」など。6種類セット(箱入り900円)は手土産にぴったりです。

 今回いただいたのは、刻んだ栗が入ったなめらかな白あんがぎっしりの「くり」。「あんこは詰めたてを食べるのが一番おいしいので、あまり多く店頭に並べていません」と田中さん。確実に購入したい時は、電話で事前連絡しておくのをおすすめします。

6種類セットは手土産にぴったりです

6種類セットは手土産にぴったりです

  ほかにも箱崎らしさを表現した菓子があります。筥崎宮の正月の祭り「玉取祭(玉せせり)」の雄玉・雌玉をイメージした「玉取祭」(1個90円)は、ラムレーズンあんとバニラビーンズを使ったバニラミルクあんを黄身あんで包んだ焼き菓子です。

玉トリ

ラムレーズンあんやバニラミルクあんが洋風な「玉取祭」 1個90円

 「筥どら」(1個140円)は、はちみつを混ぜたしっとり生地と北海道産大納言のつぶあんの相性が抜群で、ずっしり詰まったあんが人気です。

 他にも、おはぎや豆大福など定番菓子や季節によって変わる華やかな上生菓子なども並びます。

しっとりとした「筥どら」も人気です

粒あんたっぷりで重量感のある「筥どら」(1個140円)も人気です

 1つずつ、全く違う表情を見せてくれる、凝った和菓子たち。「これはダージリンティーに合う」「これは濃い緑茶」「これは絶対コーヒー!」など、食べる時に一層楽しみがふくらみました。秋の夜長のティータイムに、和菓子のひと時はいかがですか。

筥崎小豆庵
住所:福岡市東区箱崎1-23-23
電話:092-643-6886
営業:12:00~19:00
水・木曜休

※情報は2019.9.10時点のものです

筥崎小豆庵

住所福岡市東区箱崎1-23-23
TEL092-643-6886

ヨシダアキコ

ライター歴四半世紀超え。3度の飯より旅が好き! リュック背負って訪問したのは31の国と地域。この10年は台湾にハマり、年に数回のペースで現地へ。あろうことか福岡より台湾の新情報のほうが詳しくなりつつある日々(反省中)

この記事もおすすめ