フレンチのシェフとソムリエがいる立ち飲み店【カクウチFUKUTARO】

 辛子めんたいこや「めんべい」などでおなじみの福太郎が「カクウチFUKUTARO」(中央区渡辺通)を8月にオープンしました。1階に福太郎の明太子ショップが入る「天神テルラビル」の3階にあったフレンチレストランを完全リニューアルし、「シェフとソムリエがいる博多のカクウチ」をコンセプトに生まれ変わった、新しい立ち飲みバルです。

福岡市地下鉄七隈線の天神南駅から徒歩2分です

福岡市地下鉄七隈線の天神南駅の6番出口を出てすぐの「テルラビル」3階にオープンしました

 店内は立ち飲みゾーンとテーブルゾーンに分かれていて、「座って飲みたい」人もウェルカムです。立ち飲みゾーンにもハイチェアが用意されています。なお、テーブルチャージはありません。

 立ち飲みゾーンに描かれた手書きの松の絵は、福岡市で活動する画家が完成させた店のシンボル。訪れる人のほとんどが写真を撮っていくというフォトスポットです。

松の絵が印象的な立ち飲みゾーン

松の絵が印象的な立ち飲みゾーン

テーブル席ゾーンもあるのでゆったりもできます

ゆったりできるテーブル席は人気なので予約をおすすめします

 スペインのバルのように、好きな物、おいしい物を少しずつ楽しむのが「カクウチFUKUTARO」スタイル。九州の食材や郷土料理をフレンチテイストにアレンジしたメニューはどれもリーズナブルで、一番高いフードメニューでも福太郎の瓶詰めめんたいことソフトバゲットの「本日のTHE MENTAI」(税込み600円)です。

一番高いメニュー「

めんたいこの種類が変わる「本日のTHE MENTAI」(600円)が一番高いフードメニュー

「めんべい」200円はお代わり自由です♪

「めんべい」200円はお代わり自由です♪

 他もほとんどが1皿300円台という価格。「これは自社ビル内の直営店だからできることです」と店長兼ソムリエの宇藤武史さんは話します。自社製品の「めんべい」は200円でなんとお代わり自由!

 宇藤さんは、海外の有名ホテルやフレンチレストランのギャルソンとして経験を重ねた人物。この店のドリンクメニュー作りも担当しています。

Tシャツにソムリエバッジを光らせる店長兼ソムリエの宇藤武史さん。

Tシャツにソムリエバッジを光らせる店長兼ソムリエの宇藤武史さん

 料理のおすすめは、半熟卵とあぶりベーコンに福太郎のめんたいこ入りマヨネーズをあえた「明太子のウフマヨ」(300円)、自家製の濃厚なパセリバターでエスカルゴのように仕上げた「姫サザエのつぼ焼きブルギニョン(2個)」(350円)、新鮮なサバにハーブやアボカドを合わせた「博多ゴマサバのタルタル」(350円)など、博多の味とフレンチを融合させたオリジナルメニューです。

博多の味が気軽なフレンチに!

博多の味が気軽なフレンチに!

 ドリンクは生ビール1杯350円、フレッシュオレンジ香るハイボール1杯360円など。替え麺ならぬ「替ハイボール」「替サワー」(各200円)といったお得なドリンクのお代わりメニューもあってコスパも抜群です。

替えハイボールお願いします!

フレッシュオレンジ香るハイボール。替ハイボールはカラフェ(写真奥)で出てきます

 「もちろんソフトドリンクやノンアルコールカクテルも準備しています。博多のグルメを味わいたいという時も気軽にどうぞ」と宇藤さん。

 9月20日からはランチタイムもスタート。「九州膳」「シェフ膳」のほか、アルコールと相性のいいメニューを集めた「のんべえ膳」(各1,800円)など、食べたい人も酔いたい人もさらに楽しめること間違いなしです。

DATA
座席:立ち飲み34席、テーブル34席
平均予算:昼1,800円、夜1,800円
個室:なし

カクウチFUKUTARO
住所:福岡市中央区渡辺通5-25-18天神テルラビル3階
電話:092-733-4444
営業:11:30~14:30~23:00(L.O.フード22:00、ドリンク22:45)
月曜休 ※祝日の場合は営業

※情報は2019.9.19時点のものです

カクウチFUKUTARO

住所福岡市中央区渡辺通5-25-18天神テルラビル3階
TEL092-733-4444

ヨシダアキコ

ライター歴四半世紀超え。3度の飯より旅が好き! リュック背負って訪問したのは31の国と地域。この10年は台湾にハマり、年に数回のペースで現地へ。あろうことか福岡より台湾の新情報のほうが詳しくなりつつある日々(反省中)

この記事もおすすめ