「自分ツッコミくま」のカフェが福岡パルコにオープン中!

 LINEクリエイターズスタンプで人気のキャラクターのコンセプトカフェが登場! 「自分ツッコミくまカフェ」が福岡パルコ(福岡市・天神)に10月14日(月・祝)まで期間限定でオープンしています。どんなメニューがあるのか早速、行ってきました。

店内でキャラクターがお出迎え

 「自分ツッコミくま」は、LINEクリエイターズスタンプでも人気のWeb漫画。作者・ナガノさんは、ツイッターのフォロワー数約30万人の人気イラストレーターです。ツイッターで連載している漫画は、ほのぼのとした画風と少しシュールな世界観で20代女子を中心に人気です。

テーブルやランチョンマットにもキャラクターが

 東京、大阪、名古屋、札幌、仙台と巡回し、満を持して九州に初お目見えした「自分ツッコミくまカフェ」。カフェのために描き下ろしたイラストを使用しているのも特徴です。

 メニューは、ナガノさんが「これが食べたい!」と言ったメニューや、マンガの作中に出てくるメニューを再現していて、福岡限定の3種類を含む全10種類のフードメニューと、3種類のドリンクメニューがあります。

ランダムでもらえるオリジナルコースター

 カフェを利用したお客さんにはオリジナルイラスト付きランチョンマットがプレゼントされ、ドリンクメニューを注文したお客さんにはコースターが付いてきて、持ち帰ることができます。

テーブルには今までのWeb漫画が!

 今回食べたのは福岡限定メニューの「←もぐらコロッケの夢いっぱいグラタン」(税別1,490円)、同じく限定の「←もぐらコロッケと大型犬のピクニックセット~二匹のポラロイド風日常ステッカー付~」(1,590円)の2品。全てのメニューに「←」が付いているのは、ナガノさんの作風です。

大人が食べてもおかしくない! 「←合法お子様ランチ」(1,690円)

 グラタンは人気キャラクター「もぐらコロッケ」が海に憧れている設定を生かし、青いホワイトソースで海を表現。サクサクのパン粉で砂浜に見せて仕上げています。

鮮やかな青いグラタン!!

 「もぐらコロッケの顔が付いたパンをホワイトソースに付けて“海で遊ばせて”食べるのがオススメです」とスタッフさんが教えてくれました。

 砂浜(ぽいパン粉)の上に載っている2匹の魚は、バジルソースとタバスコソース。「味の変化を楽しみたい時に少し垂らして食べてください」ということです。

もぐらコロッケのパンも付いてます

 直径25cmはありそうな大皿にたっぷり入ったグラタンは、大満足できる量です。シーフードが入ったソースで海の味が表現されていて、糸を引くチーズもアクセント。砂浜側はサクッとしたパン粉が食感のアクセントになっています。

 もぐらコロッケ(のパン)と一緒に食べるとグラタンの塩気とパンの甘味がマッチします。念願の海で「遊べた」もぐらコロッケも気持ちうれしそうな顔に見える?

ピクニックセットは芝生が敷かれています

 「ピクニックセット」は芝生をイメージしたマットが敷かれて、その上に大型犬ともぐらコロッケのスタンドが置かれます。一緒にピクニックしている気分になれると人気のメニューだとか。

 作中でもぐらコロッケが作った「こねりやき」(小麦粉を水でのばして焼き、木の実を巻いた物)をフレンチトーストとキャラメリゼしたヘーゼルナッツで再現され、葉っぱの形の皿で提供されます。もぐらコロッケが飲んで「う~…ん」とうなったハーブティーも用意され、2匹の日常が描かれた漫画のステッカーも付いてきます。 

 外はカリッと焼かれたフレンチトーストにナイフを入れると中はふんわり。メープルシロップを垂らしていただきます。

 写真を撮るのに夢中になって、上にのったアイスクリームがかなり溶けてしまったのですが、それも生地にしみ込んでより甘さを際立させてくれたので、「これはこれであり!」という感じでした。

 ふと、隣の席に届いた「ボリュームたっぷり←マシマシラーメン」(1,390円)を見てびっくり!

すごい量! マシマシラーメン

 ナガノさんが大好物というラーメンは、野菜と麺がこれでもかと盛られた商品です。隣の人も「どこから食べれば崩れないんだろう…」と悩んでいましたが、これを上手に食べるのはかなり難しいのでは。緊張感たっぷりのラーメンは通常サイズも用意されているそうなので、気軽に注文してみてください。

 ドリンクもなかなかインパクト大です。「←憧れていた わたあめソーダ」(890円)は、オレンジカルピス風味のソーダの上の真ん丸わたあめに、別添えされたモナカ製顔パーツを装着して飲みます。

 自分ツッコミくまの顔に出来上がったわたあめを見てテンションが上がったのですが、「飲む際にソーダをわたあめの上からかけてください」と言われ衝撃。

顔のパーツをわたあめに付けていただきます

 せっかくのかわいい顔をソーダで崩さないと飲めないのです。「このシュールさもまあ、ナガノさんの作品っぽいかな?」と泣く泣く顔をつぶしつつ、おいしくいただきました。

くまがウインナーをそっと添えています。すでに生クリームがあふれ出している!

 もう1つ頼んだ「←ウィンナーさんをソッ~ウィンナーコーヒー&ミルクティー~」(790円)は、タコさんウインナーを添えるくまがプリントされたモナカが愛おしい! 「ウインナー違いですね」と思わずスタッフさんと盛り上がりました。これでもかと盛られた生クリームが溶けてどんどんあふれてくるので早めに飲むのをオススメします。

 

グッズコーナーも展開

 グッズ販売コーナーが併設され、スタッフも着ているTシャツや写真に添えるだけでかわいいアクリルスタンドなど、描き下ろしのイラストが描かれたグッズが約15種類販売されています。

 グッズ売り場だけの利用も可能なので、ぜひ足を運んでみて。

 

自分ツッコミくまカフェ
期間:~10月14日(日)
場所:福岡パルコ本館5階 THE GUEST cafe&diner(福岡市中央区天神2-11-1)
時間:10:00~20:30(L.O.20:00)

※情報は2019.9.10時点のものです

福岡パルコ

住所福岡市中央区天神2-11-1
TEL092-235-7000
URLhttp://fukuoka.parco.jp/page2/

やはた

この記事もおすすめ