最後の一滴までおいしい!ごぼう天うろんが人気のお店「かろのうろん」(福岡市・上川端町)

創業50年以上の名店の秘密に迫る企画【老舗探訪】。

今回は、創業134年、ごぼう天うろんが人気の「かろのうろん」をご紹介します。

カエルはお店の守り神

「かろのうろんやにわくろうが3匹ふくろうろっとったげな」。

呪文のような店頭の看板は創業当時の情景を博多弁で描いたもので「角のうどん屋にヒキガエルが3匹うずくまってたんだって」の意味。

初代・瓜生イソさんが手作りのうどんを近所にふるまったのがお店の始まりで、現在はイソさんのひ孫にあたる4代目の高康さんが暖簾を守っています。

 

一番人気「ごぼう天うろん」の秘密

薄い短冊切りのゴボウ天は、実は昔は丸型でした。

丸い天ぷらの真ん中に薄いささがきゴボウが3本ほど。今の形になったのは約40年前で、3代目の呼希允さんの頃でした。

「水に浸して冷やして一晩寝かせるといい塩梅になるんですよ」と、当時から仕込みを担当している呼希允さんの妻・伸子さんが教えてくれました。

歌手・さだまさしさんのように「ごぼうごぼう」(ゴボウ天2つのせ!)と頼めば、これでもうツウの仲間入りです!

「ごぼう天うろん」(520円)。ほのかに甘い「すめ」、柔らかくてしなりのある麺、サクサクのゴボウ天で最後の一滴までうまい

「ごぼう天うろん」(520円)。ほのかに甘い「すめ」、柔らかくてしなりのある麺、サクサクのゴボウ天で最後の一滴までうまい

 

老舗のひとこと

いつの時代も変わらない理想の1杯とは、麺、すめ、天ぷらの「三位一体」。「うろん」はバランスが大切なんです。

4代目 瓜生高康

 

《かろのうろん》

福岡市博多区上川端町2-1

TEL:092-291-6465

営業時間:11:00~19:00(売り切れ次第終了)

店休日:火(祝日の場合は営業)

 

※情報は2016.5.27時点のものです

かろのうろん

住所福岡市博多区上川端町2-1
TEL092-291-6465

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ