TAO×一風堂 夏フェスで熊本・大分支援のオリジナルラーメン登場!

世界を舞台に活躍する和太鼓集団「DRUM TAO」の夏フェスが8月11日(木・祝)~28日(日)、大分県竹田市久住町のTAOの里で開催されます!大自然の中、大迫力の舞台が繰り広げられるTAOの夏フェス。LIVEはもちろん、ワークショップや屋台村など、楽しみは尽きません。そんな中、今年の目玉は「TAO一風堂」!国内外で愛されるラーメン店「一風堂」とコラボした夏フェス限定のメニューが登場し、毎日メンバーが運営します!

一体、どんなメニューが誕生するのでしょうか。6月20日、タオ・エンターテイメントの藤高郁夫社長はじめTAOメンバーとともに、一風堂山王店(福岡市博多区)を訪ねました。

今回の夏フェスは、熊本・大分震災支援イベントとして開催。そのため、ラーメンも「TAO熊本」「TAO大分」で販売予定だそうです。味は、とんこつしょうゆがベースのラーメン(熊本)と、しょうゆベースのラーメン(大分)。まずは「TAO熊本」から…

濃厚な味噌っぽい味に高菜がトッピングされています。口にした途端、メンバーは「おいしい!」と大喜び!熊本出身の藤高社長も「確かに熊本ラーメン」と太鼓判を押していました。続いて大分のラーメン…

こちらはスパイシーなしょうゆ味。大分県産のかぼすやシイタケが入っています。かぼすやシイタケの香りが食欲をそそります。

あまりの美味しさに、藤高社長は「素晴らしい!フェス期間中毎日でも食べられる」と絶賛。「ラーメンでいうミス大分」とまで話されていました。こちらのラーメンは、スパイシーでないノーマルなバージョンもあります。

あっさりしていて、爽やか。女性に喜ばれそうな逸品です。かぼす×ラーメン、アリです。美味しいです。本当に。

メンバーから「トッピングで熊本と大分を混ぜた裏メニューも作ったら?」と声が上がり、さっそくできたのが「熊本×大分ラーメン」。

これまた最高の味わいでした。本当…毎日食べても飽きない味です。

藤高郁夫社長(左)と、力の源カンパニー河原成美会長

藤高郁夫社長(左)と、力の源カンパニー河原成美会長

ライブを楽しむだけでなく、お腹が空いたらメンバーが運営する屋台で特別なラーメンが味わえるTAOの夏フェス。ぜひお楽しみください!

TAOフェス公式サイト⇒http://www.drum-tao.com/tao-fes2016/

※情報は2016.6.23時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ