夏の幕開けはスパークリングワインで!Festa di Spumante FUKUOKA 2016

世界各国のスパークリングワインを集めた屋外イベント「Festa di Spumante FUKUOKA 2016」。

9カ国43種類をそろえた昨年から、今年は11カ国50種類のラインナップに増加。 市内の人気店6店舗が提供するフードメニューと一緒に、福岡の新しい夏の風物詩“泡の祭典”を満喫してみてはいかがでしょうか。

今年注目の「次世代プレミアム」

ロータリブリュット 白/辛口

ロータリブリュット 白/辛口

乾杯にはイタリアの名門謹製の「ロータリ ブリュット」を。世界50カ国以上で愛される「ロータリ」は、その高いコストパフォーマンスから「次世代プレミアム」と呼ばれています。

 

VIPが愛するニューワールドワイン

グラハム・ベックブリュット 白/辛口

グラハム・ベックブリュット 白/辛口

オバマ大統領が就任のお祝いに飲んだとされる南アフリカ産「グラハム・ベック ブリュット」。ほのかな酵母香やムース状の細やかな泡と柑橘系の果実味をもつ、洗練された味わい。

 

チリNo.1の造り手

バルディビエソブリュット ロゼ ロゼ/辛口

バルディビエソブリュット ロゼ ロゼ/辛口

生産量、輸出量ともにチリでトップ、100年以上の歴史をもつ名門の「バルディビエソ」。長期熟成が生み出すふくよかな熟成香、果実味、泡のきめ、どれをとっても納得の一杯。

 

今年初登場の甘口フレーバーワイン

モスカート・カクテルマンゴー 白/甘口

モスカート・カクテルマンゴー 白/甘口

イタリア・ピエモンテ州の「モスカート」は今年初登場のフレーバーワイン。アルコール度数低めの甘口で、お酒に弱い女性でも飲みやすい。マンゴーとパイナップルの2種。


★楽しみ方①

味わい&ブドウの品種

辛口や甘口と表現される味わいの違いやブドウの品種など、好みに合わせて楽しむことができます。

 

★楽しみ方②

国と産地

ヨーロッパの代表といえばフランスのシャンパーニュ地区やイタリアのフランチャコルタ地区。ヨーロッパ以外の南アフリカやチリなどの地区は「ニューワールド」と呼ばれ、新しい産地として注目を集めています。

 

★楽しみ方③

赤、白、ロゼのほか、昨年も人気だったブルーのボトルが登場。見た目も味わいもさわやかで夏らしい一杯です。

 

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ