“あの店”の看板メニューを再現!プロが教えるうれしいコツ☆

和・洋・中、それぞれの人気店の店主が看板メニューの作り方を特別に伝授!プロが教えるうれしい“コツ”付きで、あなたも料理の達人に…!?

BISTRO NEW PORTの「卵がひらくオムライス」

1080円。目の前でシェフが開いてくれる。

創業30年を迎えるレストランバー。糸島の「つまんでご卵」で作るふわふわのオムライスは、長年常連客に愛されている定番メニューです。ナイフで切り開くと中から卵がとろりと溢れだします。コクのある秘伝のデミグラスソースと一緒に食べると口の中がたちまち華やかに!

BISTRO NEW PORT

福岡市中央区警固2-17-25 ふるさわビル1階

TEL/092-731-3563

営業時間/17:00~翌2:00(L.O.1:00) ※日は~24:00(L.O.23:00)

店休日/月


材料

卵…3個、生クリーム…小さじ1

<ケチャップライス>

ズッキーニ、パプリカ、タマネギ…適量、ケチャップ…適量、ごはん…130g

<デミグラスソース>

ケチャップ…90cc、コーヒー…小さじ1

作り方

①まずはケチャップライスの準備。角切りにした野菜をオリーブオイルと無塩バターで炒め、ごはん投入後にケチャップを絡めて完成。お皿に盛りつけておく。

② 卵と生クリームをかきまぜる。

初めは手元が重たいが、軽くなるまで撹拌し続ける。「軽くなったな」と思ってからさらに10秒かきまぜればOK

初めは手元が重たいが、軽くなるまで撹拌し続ける。「軽くなったな」と思ってからさらに10秒かきまぜればOK。

③小さめのフライパン(直径16cm程度)を熱し、バター10gを溶かす。

④フライパンに卵を流し入れ、素早くかき混ぜる(スクランブルエッグを作るイメージ)。

⑤フチが固まってきたらフライパンのカーブを使って一気に形を整える。

フチが固まってきたらフライパンをかたむけ、手前を半分返す。その後、奥も同じように。とにかくスピードが命!

フチが固まってきたらフライパンをかたむけ、手前を半分返す。その後、奥も同じように。とにかくスピードが命!

⑥煮詰めたケチャップにコーヒーを入れたデミグラスソースをかけて出来上がり。

店のデミグラスは牛スネや香味野菜などを煮込み、1週間かけて作る大作。家庭で簡単に作るなら⑥のやり方がおすすめ。
コーヒーを入れるとコクが出る。酸味が欲しい人はウスターソースや赤ワインを少し加えても◎

店のデミグラスは牛スネや香味野菜などを煮込み、1週間かけて作る大作。家庭で簡単に作るなら⑥のやり方がおすすめ。
コーヒーを入れるとコクが出る。酸味が欲しい人はウスターソースや赤ワインを少し加えても◎

実際につくってみました!

お店のようなオムレツを作るのには練習あるのみです。卵を形成するタイミングは「こんなに半熟で平気?」と思うくらいの状態が◎。

 

店長・坂田慎一郎さんからひと言

小さめのフライパンを使うと卵を形成しやすいですよ。形成する前の半熟の状態をお皿に盛っても華やかです。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ