鯖の押し寿司??と思いきや、実は蒲鉾!これはハマる逸品だ【極鯖(立石蒲鉾店)】

福岡では結構生で鯖を食べますが、全国的には鯖はシメて食べるのが一般的ですよね。

居酒屋での「しめ鯖」、駅弁(空弁)での「鯖の押し寿司」はつい食べたくなる一品。

しかし、これを食べたことある方は少ないのではないでしょうか?

これです!

「いやいや、鯖の押し寿司やん!」と思われるのも無理はない見た目ですが、実はこれ、下の部分が「蒲鉾」なんです。

福岡県三井郡大刀洗町・立石蒲鉾店の極鯖(ごくさば)です。

立石蒲鉾店は、昭和33年創業の老舗。蒲鉾、ちくわ、天ぷらなどの商品を販売していますが、この極鯖は他の商品群と比べてあまりに異質!

パッケージ

パッケージ

極鯖は、長崎県五島産の鯖と蒲鉾を合わせ、味酢に漬け込んで作られるそうです。

蒲鉾自体も、鯖の食感に合う配合を研究して作られたというこだわりの逸品。

蒲鉾サイズにカット

蒲鉾サイズにカット

「鯖の押し寿司サイズ」にカットするか、「通常の蒲鉾サイズ」にカットするかを迷いますが、今回は蒲鉾サイズにカット。

醤油とわさびをつけて・・・

醤油とわさびをつけて・・・

醤油とわさびをつけていただきます。

第一印象は、「しめ鯖と蒲鉾、めちゃ合う!」のひと言。

「極鯖」の製品自体のインパクトとは裏腹に「なぜ今まで食べたことがない組み合わせだったのか」が不思議になるほど違和感ゼロ。

これは美味!ナイス アイデアです。

しめ鯖であり、蒲鉾でもあり、一緒になっていることで「押し寿司」のような感覚でもありますが、酒の肴としては間違いない逸品。お酒がすすみます。

勝手に福岡のご当地グルメに認定したいと思います。

「極鯖」、居酒屋にあったら絶対人気メニューになるはずです!

【FP】

※情報は2017.1.15時点のものです

立石蒲鉾店

住所福岡県三井郡大刀洗町本郷3240-13
URLhttps://www.tateishi-kamaboko.com/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ