思わずオーダーしたくなる、魅惑の「Aスープ」【金龍】

くりしんの「やっぱりデブが好き!!」

 デブグルメライター&ハイパーカロリーゲッター・くりしんが命を削ってお届けする「てんこ盛り」グルメライフ♪

思わずオーダーしたくなる、魅惑の「Aスープ」

お酒と食事 金龍(福岡市中央区舞鶴)

 簡単に言えば舞鶴にあるリクルートビルの真裏。もうちょっとていねいに言えば、昭和通りから親富孝通りに入って1本目の筋を左に進むとその店はある。その独特な雰囲気が漂う店構えから、いちげんで入るのにはちょっと勇気がいる「お酒と食事 金龍」だ。

 どうですか? これが年季というブランディングです。

 入りにくい理由はいくつかある。まずは外からは店内の様子が全くもってうかがえないことだ。何も飾られていないショーケースと破れ放題の赤ちょうちんも、ちょっとした不安をあおる。

 出前用スーパーカブの現役感に加え、少し勇気を与えてくれるものがある。真新しくとてもきれいな紅白の“ラーメンのれん”だ。

 しかーし、である。のれんの下の張り紙に注目してほしい。

 中華、ホルモン、ラーメン、ギョーザというフード情報に新しく「本日のサービスメニュー焼うどん580円→500円」が加わることで、またもやラビリンスの入り口に逆戻りしちゃいます。

 ここまで来たら“デブ腹”をくくるしかない。右の引き戸の引き手に左指の真ん中3本をかけて引いた。

うん? おっ! えっ! うっ、動かない!

 誰にも注目されていないけれど、ひとり動揺を隠しながらスマホの時間をチェックすると午後2時過ぎ。休み時間なのだろうか。今日はやめておこうか。

 でも引き戸の向こうからはフライパンを振る音とテレビの“ワイドショー音”が漏れ聞こえてくる。勇気を振りしぼり、左の引き手に指をかませた。

グググ、グアラ、ガラ~。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ