創業87年 父から息子へ受け継がれた天ぷらの味「酒宇」(福岡市・今泉)

創業50年以上の名店の秘密に迫る企画【老舗探訪】。

今回は、創業87年「酒宇」をご紹介します。

1930(昭和5)年に中洲5丁目で創業。

1952(昭和27)年に今泉に移転して現在まで「店内も外観も、メニューも味もそのままです」と話すのは、二代目店主・茶野健二さん。

創業者は父の勇造さんと叔父の宇一さん。勇造さんが今泉に店を移して数年後、健二さんは22歳の頃に父とともに店に立つようになりました。勇造さんが1987(昭和62)年に引退して以来、妻の育子さんと店を守り続けています。

 

音、香り、店と店主の佇まいを味わう

「天ぷら定食」(1200円)。豚肉、魚、エビ、野菜から日替わりで6、7品

「天ぷら定食」(1200円)。豚肉、魚、エビ、野菜から日替わりで6、7品

ジュワジュワジュワ、と天ぷらを揚げる音が心地よい店内。中央の揚げ場をぐるりと囲むようにカウンター席があり、できたての天ぷらが一品ずつ皿の上に運ばれます。

昼は「天丼」(980円)、「かきあげ定食」(980円)、「天ぷら定食」(1200円)の3種がメインです。夜は定食(1800円から)と天ぷらのセット(2000円から)を提供するほか、単品での注文もできます。

抹茶塩とダシでいただくスタイルも、創業当時から変わりません。

 

老舗のひとこと

しっかりとした、自信のある“基本”を一つ持っていれば大丈夫。どんなお客さまが来てもいいよう、日ごろから準備をしています。

二代目 茶野健二さん

 

《酒宇》

福岡市中央区今泉2-3-17

TEL/092-751-2207

営業時間/11:30~14:00、17:00~22:00くらい

定休日/不定

 

※情報は2017.2.23時点のものです

酒宇

住所福岡市中央区今泉2-3-17
TEL092-751-2207

関連タグ

この記事もおすすめ