カレーほーろー記 ~始まり始まり~福岡市城南区のインダスを紹介

 突然ですが、みなさんカレーは、お好きですか?

 たいていの人は、「好き」と答えると思います。

 分けても、私はカレーが大好きです。もの心ついてから55歳の今までずっと、カレーと生きてきたと言ってもいいくらいです。カレーに対する好奇心、探究心はずっと衰えません。カレーに興味を失う時、多分それはもう死ぬ時だと思います。

 そんな私がつたない「カレー人生」の中で体験したこと、思ったこと、考えたことを、つれづれなるままに綴りたいと思います。ほんとは、かっこ良く「放浪記」にしたいんですが、あんまりさすらわず、おこがましいと思い、琺瑯(ホーロー)食器にも引っ掛けて「カレーほーろー記」とユルく行きます。

 

 このスプーン、私がカレーを食べる時によく使います。こういう形のスプーンじゃないとダメなんです。ウルトラマンの目みたいな卵型。先に行くにしたがって細くなる、食欲が出ます。先が円かったりすると、どうも気分が乗りません。

 それから、お皿。上が一つの理想形です。3、4年前東京に単身赴任してる時に、「オリエンタルマースカレー」という市販のルーのマークを3枚集めて応募、景品に当たってもらった皿です。すごくうれしかったなあ。

 マースカレー、今住んでる福岡では、売ってるの見たことないなあ。

 何がいいって、マーク以外無地のシンプルさ、少し深い曲線のへこみ。たまらんです。

 もう一つ好きなのが、シチューとかにも使いそうな楕円形で底が深くなってるタイプ。でも、あちこち探してもなかなか売ってないんですわ。ルーをかけ過ぎてもこぼれにくいんで、重宝するんだけど。

 冒頭、「たいていの人はカレーが好きだと思う」みたいに書きました。

 うちの息子たちが、その例外です。一因は、子どもの頃大量にカレーを作り、しかもマニアックなこだわりをぶちこんだカレーを食べさせられ過ぎて嫌になったことだと思います。「過ぎたるは及ばざるが如し」です。

 上の写真は、そんな次男が珍しく「ウマい」という「インダス」というお店のハンバーグカレーです(特盛=600g 辛口10倍)。先週いただきました。

 福岡市の西南エリア・城南区の島廻橋(しまめぐりばし)という交差点近くにあるインダス。全く名は体を表わさず、インドっぽくなく、おばちゃんが作って運んでるし、かなり欧風というか家のカレーっぽい感じでもあります。万人向きの味、というか。

 思わずひざをたたいて、「こげなうまい食いもんがあったとかぁ!」と叫ぶたぐいではありませんが、「うん、なかなかおいしいじゃない」と多くがうなづく安定感が魅力です。

 家のカレーと違うのは、具が無いというか溶けてしまってることでしょうね。ま、お店のカレーで、玉ねぎやじゃがいもといった野菜が原型をとどめるケースは、ほぼ無いとも言えますが。

 なので、私はほぼトンカツかハンバーグをトッピングします。

 レトロな感じのメニュー。ハンバーグ150円はなかなかお得な気がします。

 よく見ると、来年40周年なんですね。

 飲食業界の社長さんがフェイスブックに、「開店から10年で、飲食店の95%はクローズしています」と書いてました。

 40年・・・。すごいことです。奇をてらわず「シンプル イズ ベスト」を貫いた結果でしょうか。

 お店で買える「生カレー」。1パック350円です。レトルトじゃないですよ。あくまで生。思い切って5袋買って帰りました。翌日は、次男も帰ってくるし。

 翌日、惣菜屋さんで買ってきた出来あいのトンカツを乗っけて、ゴージャスなカツカレー。二日連続のインダスカレーも気になりません。久々に隣県から帰ってきた次男も喜んで食べたようです。

 私のカレー”ほーろー”、続きます。

※情報は2017.3.3時点のものです

久留仁 譲二(くるに・じょうじ)

 カレーを食べて半世紀。食べるのも、つくるのも、関連本を読むのも、レシピ番組を見るのも大好き。「家のごたる」タイプから激辛インド風まで万能に食べこなす。

 でも、パクチーは苦手。

カレーに限らず、子どもの頃の味覚から抜けられない。ハンバーグ、卵焼きからも離れられない。

アラジンの魔法のランプみたいな容器からカレーをごはんにかけるのが夢だったが、家では一度もやったこと無し。

ジョージ・クルーニーと同い年。

関連タグ

この記事もおすすめ