味噌チャーシュー大盛煮卵の〆は「酢水」で【すみれ】

くりしんの「やっぱりデブが好き!!」第3回

 デブグルメライター&ハイパーカロリーゲッター・くりしんが命を削ってお届けする「てんこ盛り」グルメライフ♪

どもども、ハイパーカロリーゲッターのくりしんです。

あたたかくなったと思ったらまた寒波。

そんな日のランチはあったまるものが食べたい。

てなわけで、味噌ラーメンを食べに、

大名の「すみれ 大名店」へ行ってきました。

昭和38年創業、札幌を代表する全国区の老舗ですな。

大名店はパタゴニアの向かい、

1階にABCマートとエッグスシングスが軒を連ねている「THE SHOPS」の4階にあります。

ラーメンイベント、ラースタ、福岡での路面店初出店となった今泉など、

福岡と「すみれ」の縁と歴史ともに、オイラも生きてきました。

これまでに100杯ちかくは食べたでしょうか。

だから、と言ってはおこがましいかもしれませんが、

オイラのなかには「すみれスタイル」なるものがあるんですね。

「そんなのどーでもいいだろ!!」

そんな方はどーぞ写真だけ見て読み飛ばしてくださいな。

そうなんです、オイラは退屈な男なんです。

こんなに食券の選択肢があるのにいつも買うものは決まっています。

「すみれ」では毎回1250円使うんです。

もしかしたら店員さんたちの間で

「おい、見ろよ、また来やがったぜ、1250円の男」

なんて囁かれて、ウワサされているかもしれません。

店内のテレビでは芸能人が引退するとかしないとか、

オイラの人生にとってはどーでもいいネタが、

ワイドショーから垂れ流されている。

ぼんやり見ていると“やってきましたおっかさんっ!

これです、大盛りです、煮卵入りです、味噌チャーシューです。

どんぶりのなかの「すみれ」の文字が頭しか見えないのが大盛の証。

せっかくなんで、地鶏、いや自撮り、いや秘技“麺揚げiPhoneひとり撮り”を。

えーっとですね。このまますぐに口をつけません。

薬味を“パーフェクト使い”してからのスタートなんです。

どうなるかというと

黒いのは黒コショウ、赤と緑のゆずごしょうミックスをネギにライドオン、

一味唐辛子の雪をどんぶり上空からまんべんなく降らせます。

最後にれんげに酢をたくさん貯えるのです。

 

まずは“れんげ酢”を軽く沈め、“ラードたっぷり味噌スープ”とフュージョン。

一気に飲み干します。

素人の方は酢の量に注意してくださいね。

写真ぐらいの量を入れてしまうと、むせちゃうからね、げほげほ。

これをむせずに飲み干せるか。

それを健康のバロメーターにしてるんです、オイラ。

いやん、たまりませんね、肩ロースチャーシュー♪

ここのは、けっこう肉厚なんですよ。

そして3枚あるからね。

たまに3枚すべて一気にほおばるときもあります。

“口の中がチャーシューで満杯♪”という小さな幸せを楽しみたいんですね。

スープまで飲み干して感謝を目にするのがデブのルーティンです。

でもね、さすがに40も半ばにさしかかると、

大好きな「すみれ」を味わったあとは重いんですね、胃袋が。

だから、長浜ラーメンの〆に紅ショウガじゃないけど、

必ず「酢水」で〆ます。

そう、オイラのなかでは、すみれは「酢水」なんです。

変態でしょう?

バカでしょ?

 

「味噌チャーシュー大盛煮卵にフル薬味。酢水で〆」1250円

今日の体重 96キロ

 

※情報は2017.3.13時点のものです

すみれ 大名店

住所福岡市中央区大名1-12-56 4F
TEL092-732-9337
その他

【営業時間】11:00~25:00

【定休日】不定休

【席数】15席

くりしん

人類史上初の”デブグルメライター”。昭和40年代、福岡市生まれ。(株)チカラで、はたらくオジさん。自腹グルメサイト「クイッターズ福岡」で執筆中。crossFM毎週金曜日「baysidefestival」の「ぶらりふとり旅」ではランチ情報&体重をオンエア。同番組のfacebookページもあるよん♪

関連タグ

この記事もおすすめ