家具だけじゃない!大川名物のカレー店「アジアンキッチン タージ(Taj)」

家具の産地として有名な福岡県大川市。そんな大川市に有名なカレー店があると聞き、行ってきました!

「アジアンキッチン タージ」。もともとは福岡市の親不孝通りにあったお店にようですが、2002年に大川に移転し、今ではすっかり大川名物のひとつになっているそうです。

到着したのは午後7時前。道の駅のような外観ですが、カレー店にしては大きいですよね。駐車場も広いし、人気店だということがこの広さから見ても感じられます。

中に入ると、スパイスの香り!それだけで食欲がわいてきます。

タージは、1981(昭和56)年に親不孝通りにオープン。当時としては珍しかった黒い色のオリジナルカリーが評判を呼び、またたく間に人気店となりましたが、バブル崩壊後の1999年に惜しまれつつ閉店。その後、新天地を探していたとき、たまたま通りかかった大川市のこの場所を見た時「イメージが膨らんだ」ということで、この地にお店をオープンさせたそうです。

たまたま決まった移転先のようですが、地元の人はもちろん、県外の人でもわざわざ訪れる名店。オリジナルカリーは12種類あり、単品やセットなど充実したメニューとなっています。

この日は「ガネーシャプレミアムセット」を注文。ミニカリー2種類にナン、ライス、タンドリーチキン、サラダ、飲み物、デザートがついて1500円(税抜き)ってお得です。しかも、飲み物はグラスビールもOK!

選んだカリーは、ベンガルカリー(魚介類のトマトベースカリー)とジャーヒーカリー(スープ状の野菜カリー)。名物(?)のインドカリー(黒胡椒のきいたスープ状のカリー)も気になったのですが、カレーに関しては甘党派なので遠慮しました。聞くところによると、このインドカリーは火を噴く辛さだそうです。

ベンガルカリーはナンと一緒に、ジャーヒーカリーはライスと一緒に食べましたが、まろやかな味とほどよいスパイスがくせになるようなおいしさでした。ベンガルカリーには海老が入っていたし、ジャーヒーカリーに入っていた野菜もゴロゴロしていて食べ応えがありました!

デザートはシャーベットにしたのですが、単品のメニューをみるとかなり充実していました。カフェ感覚でも利用できそうなお店です。

店内にはインドのお土産やカレーの本をそろえたコーナーも。

こちらのお店のお土産もありました!なかなか大川まで食べに来られない遠方の方にプレゼントするときっと喜ばれると思います♪

広い店内で、ゆっくりくつろげて、たっぷり食べて。とても贅沢な時間を過ごすことができました。

気が付くと2時間以上が過ぎて、お店を出たときはこの暗さ。

夜空には美しい三日月と輝く星々。虫が鳴く音も聞こえ、なんだか東南アジアの島でおいしいカレーと出会ったような気分に(言い過ぎ?)。とにかく、はるばる車を走らせて食べに訪れる人が多い理由が分かったような気がします。次に訪れたときには別のスパイスカリーに挑戦したいと思っています!

アジアンキッチンタージ

TEL:0944-87-0855

住所:福岡県大川市上巻436-4(ゆめタウン大川横)

定休日:木曜日(祝祭日は営業)

営業時間/11:30~22:00(OS 21:15)

ランチタイム/11:30~15:00

※情報は2017.4.30時点のものです

アジアンキッチン タージ

住所福岡県大川市上巻436-4
TEL0944-87-0855

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ