福岡市・西新の路地裏で見つけた中華料理の名店「熊猫食堂」

東京・上野動物園でジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生したと話題となっていますが、パンダは中国語で「熊猫」。今回は、西新界隈で話題の中華料理店「熊猫食堂」(「パンダ食堂」ではなく「くまねこ食堂」と呼びます)をご紹介します。

福岡市・西新で見つけた「熊猫食堂」は、何とも風情のある路地裏にあります。置いてある自転車もどことなく中国風。2008年からオープンしている人気店です。

中に入ると、入り口付近がカウンターになっていて、奥に座敷があります。この日は予約して行きましたが、すでに満席状態。予約して行くのがおススメです。

奥の座敷から入口付近を見た光景

店内には、中国関連のポスターが貼られ、パンダのぬいぐるみや置物もありました。

靴を脱いで座敷に上がり、メニューを見てそのメニューの多さと手ごろな価格にびっくり。黒板にも別メニューが書かれていました。

手描きのパンダもかわいいですね。

とりあえず生ビールを注文し、乾杯しているとお通しが登場。

前菜の盛り合わせのような豪華なお通しに驚きました。これだけでしばらくビールが飲めそうです。

※私は普通の生ビールを頼んだのですが、黒板メニューを見るとシンガポールや中国、台湾のビールもありました。

炒青菜(あおないため)700円

炒青菜(あおないため)700円

スペアリブのむしもの(750円)

スペアリブのむしもの(750円)

中華料理店に行ったら必ず水餃子を頼むのですが、「熊猫食堂」の水餃子は肉がギュッと詰まっていて皮がもっちり。食べごたえ抜群でした!

メニューには「あげ春巻」(600円)もおすすめと書いてあったのでこちらもチョイス。

おススメだけあってジューシーでとても美味しかったです。

そのほかにも、中華大好きな人にはたまらないメニューが目白押し!

茄子と豚バラ唐辛子煮込み(750円)

茄子と豚バラ唐辛子煮込み(750円)

ピーマンのトーチ炒め(700円)

ピーマンのトーチ炒め(700円)

一見、脂っこそうに見えるかもしれませんが、そんなに胃にもたれることはなく、出てくる料理の美味しそうな見た目と香りに食欲は増すばかり。隣の家族連れはチャーハンやゴマ団子を頼んでいましたが、女性2人で行ったのでさすがにこのへんで終了。横目でちらりと見えた炒飯はとても美味しそうで、「次回は絶対に食べる!と誓い、お店を後にしました。

カウンターには常連と思われる一人客の方も何人かいらしたようですが、一人でも大人数でも利用したいお店です。

熊猫食堂

TEL:092-822-5121

住所:福岡市早良区西新4-4-5

営業時間:18:00〜24:00 日曜は21:00まで

※情報は2017.7.3時点のものです

熊猫食堂

住所福岡市早良区西新4-4-5
TEL092-822-5121
URLhttps://r.gnavi.co.jp/jagpg93n0000/

関連タグ

この記事もおすすめ