創業から変わらない伝統の餃子【鉄なべ 中洲本店】

創業50年以上の名店の秘密に迫る企画【老舗探訪】。

今回は、創業54年「鉄なべ 中洲本店」をご紹介します。

創業から変わらない伝統の餃子

熱々の丸い鉄鍋に乗って客前に出される餃子。店名の由来であるこの提供方法は、先代が北九州市八幡の餃子店で学んだもの。その時にオリジナルの味をつくり上げました。それから今日まで、具材、レシピは変わっていません。

「焼き餃子」(470円)。創業時から国産の具材だけを使い続けている。

「焼き餃子」(470円)。創業時から国産の具材だけを使い続けている。

店主の林由起雄さんは「先代の餃子は博多の皆さまに長く愛されてきた。だから僕はあえて工夫をしません。その方が喜んでいただけるんです」と“変わらないことの良さ”を話していました。

 

餃子以外のメニューも豊富

もともとは屋台で餃子だけを提供していた鉄なべ。営業するにつれてお客が定食を求めているのを知り、メニューを増やしました。

いま林さんが作っているのは「一軒でこと足りる店」。餃子とビールから始まり、ゴマさばやホルモン炒めなどで焼酎を飲みます。豚骨スープのちゃんぽんは、シメにもってこいです。また県外の方が博多のグルメを一度に味わえるように、明太子やおきゅうとなどの名物もそろっています。

 

老舗のひとこと

「鉄なべの餃子は間違いない」と言われ続けたいですね。これからも一つひとつ手作業で“愛され続ける餃子の味”を守ります。

2代目・林由起雄さん

 

《鉄なべ 中洲本店》

福岡市中央区西中洲1-5

TEL/092-725-4688

営業時間/17:00~翌3:00 ※日は~23:00

定休日/火・祝日

 

※情報は2017.7.27時点のものです

鉄なべ 中洲本店

住所福岡市中央区西中洲1-5
TEL092-725-4688

関連タグ

この記事もおすすめ