映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』劇場公開記念 1954年当時の期間限定ハンバーガーを食べよう!

7月29日(土)よりKBCシネマ1・2にて公開予定の映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の劇場公開を記念して、1954年当時のハンバーガーを楽しめる“Back to 1954”キャンペーンを実施中!

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

世界最強のファーストフードチェーン「マクドナルド」。映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、そんな”世界最強のハンバーガー帝国”を築きあげた男、レイ・クロックの物語。そして、「1954年」は映画の主人公レイ・クロックが初めて、マクドナルド兄弟と出会った年です。この出会いがなければ、今日のハンバーガーはなかったかもしれません。

福岡市南区高宮にある「SEA DINER」では、レイ・クロックが<マクドナルド>に出会った1954年当時のクラシックハンバーガーが7月20日(木)のハンバーガーの日から期間限定オリジナルメニューとして登場!
是非、この機会に食べに行こう!

■期間:2017年7月20日(木)~8月4日(金)まで

さらに、「映画『ファウンダー』日本公式」TwitterまたはInstagramアカウントをフォローした上で、SEA DINERでハンバーガーを撮影、写真にハッシュタグ『#ハンバーガー帝国のヒミツ』をつけてTwitterまたはInstagramに投稿すると抽選で映画オリジナルグッズをプレゼント!

■応募期間:2017年8月13日(日)まで

▼キャンペーンサイト
http://thefounder.jp/backto1954campaign/

○SEA DINER
■住所:福岡市南区高宮1-1-10
■営業時間:11:30~23:30
■TEL:092-522-8299
【Facebook】https://www.facebook.com/Sea-Diner-217523084926910/

<イントロダクション>
世界最大級のファーストフードチェーンを作り上げたレイ・クロック。日本国内でも多くの起業家たちに、今なお絶大な影響を与え続けている。50代でマック&ディック兄弟の“マクドナルド”と出会ったレイが、その革新的なシステムに勝機を見出し、手段を選ばず資本主義経済や競争社会の中でのし上がっていく姿は、まさにアメリカン・ドリームの象徴だ。主演は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)でアカデミー賞主演男優賞ノミネートのマイケル・キートン。ギラギラとした野心を隠すことなく、同時に圧倒的な情熱をもってビジネスに取り組み、アクは強いが人々を魅了する複雑なレイを見事に体現している。監督は、『しあわせの隠れ場所』(09)、『ウォルト・ディズニーの約束』(13)のジョン・リー・ハンコック。『レスラー』(08)のロバート・シーゲルが脚本を手掛けた。熱い情熱で挑戦を続け、世界有数の巨大企業を築き上げた彼は英雄なのか。それとも、欲望を満たす為にすべてを飲み込む冷酷な怪物なのか。
レイ・クロック。この男がいなかったら、私たちは当たり前のようにハンバーガーを食べることはなかったかもしれないし、目にしている日本の景色も変わっていたかもしれない。映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、成功のためなら手段を選ばないひとりの男の飽くなき野望と挑戦を描き、私たちの野心と胃袋を刺激する物語だ。

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』公式サイト
http://thefounder.jp/

※情報は2017.7.27時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ