平尾「新日本料理 アシェット・ド・マコ」で初体験尽くしのランチ☆

本日のランチは、平尾駅より徒歩5分、住宅街の中にひっそりとたたずむビルの2階にある “新日本料理” のお店にやってきました。さてどのあたりが “新” なのでしょうか。昂ぶる好奇心を抑えつつ店内へ。

ガラス張りの大きな窓の向こうにはテラス席と吹き抜けに広がる緑が。

テーブルの上にはすでに “サマードリンク” が登場しています。

突き出しは「ヨコワマグロの山かけ トマト添え」。

ヨコワマグロというのはクロマグロ(通称名:ホンマグロ)の幼魚で、さっぱりした味わいが特徴。口に入れてしまえばほんのひと口なのですが、この世界観はどうでしょう。この後の料理への期待がふくらみます。

二皿目は、美しく盛り付けられた「前菜5種盛り」。

と思いきや・・・。

なんと! アンダーグラウンドには「糸島野菜とチーズの生春巻き」が潜んでいました。

心憎い演出に、テーブルでの会話も大いに弾みます。

三皿目は魚料理。「真鯛の葛(くず)打ち」。

“葛打ち”とは葛粉をまぶして湯通しする日本料理の調理法。葛で素材をコーティングすることで旨味を閉じ込めるとともに、葛独特のつるっとした舌触りを楽しむことができます。

そして、メインディッシュの肉料理。低温で仕上げた「イベリコ豚のグリル」でございます。

この断面をご覧ください。“レア” です。口に入れて噛みしめると、肉汁がジュワッと出てきて、スモーキーな薫りが口いっぱいに広がります。野趣あふれる一皿。

食事(〆の御飯)はなんとカレーライス。それも「ひじきとトマトの十五穀米カレー」ときました。

ひじきの濃厚な磯の香り・スパイスの味わい・トマトの酸味の3つの要素がが混然一体となった型破りな一皿。ひと口ごとに体を流れる血液がサラサラになっていくような不思議な感覚に満たされます。

デザートは「フルーツ&ココナッツミルク」と「抹茶レアチーズケーキ」。上品な味わいの中にもしっかりとした甘さがあり、ブレンドコーヒーとの相性抜群です。

“新日本料理” の “新” たるゆえん、ぜひご自身の目と舌で味わってみてください。

――Produced by福博ツナグ文藝社

※情報は2017.7.28時点のものです

アシェット・ド・マコ

住所福岡市中央区大宮1-7-8 NEOビル 2F
TEL092-522-3687
URLhttps://r.gnavi.co.jp/mnvx13pb0000/

大きい地図で見る

AKASAKA BOY

謎のライター

1978年福岡市赤坂生まれ。福岡の街の魅力を小説形式で発信中☆

関連タグ

この記事もおすすめ