【日本の酒講座~初級編】先生教えて! 実は知らない日本酒の基本が気になる~

ただひたすら好みの日本酒を探求するのもいいですが、ちょっと知識があれば、より「旨い酒」が飲めます♪ 日本酒初心者の疑問にお答えします。

Q1:日本酒の原料のお米ってどういうもの?

 

A1:日本酒の原料には、食用のコシヒカリなどのお米も使われますが、「酒造好適米」といわれる銘柄があります。

有名なのは「山田錦」や「五百万石」など。特徴としては、大粒でやわらかいこと。

そして、麹菌や酵母が生育しすぎないようにタンパク質や脂肪などが少ないものが最適とされており、精米で調整します。

繊細な味や香りのためには大切なことなんです! お酒好きのツウのなかには、原料米の銘柄にこだわる人もいるんですよ~。

 

Q2:吟醸、大吟醸、純米酒などの違いは?

 

A2:精米の際の、玄米に対する白米の重量パーセントを「精米歩合」と呼びます。普通食べるお米は約8%ほど削り、精米歩合は92%ほど。

これが少ないほどお米を多く削ることになり、日本酒の味や香りが華やかになるというワケです。

精米歩合70%以下が「本醸造酒」。60%以下は「吟醸酒」、50%以下は「大吟醸酒」に!

「純米酒」は、現在は精米歩合にはかかわらず、米・米麹・水だけを使用して作られた日本酒のことを呼びます。

醸造アルコールを使用しないので、米の特色を生かしたさまざまなタイプの日本酒が作られています。

 

Q3:日本酒の賞味期限ってあるの?正しい保管方法は?

 

A3:日本酒には賞味期限は記載されていません。ただし「製造年月」が記載されていますので、ここから数えた年月で判断します。

一般的には約1年を目安に、といわれていますが、生酒や吟醸酒はなるべく早めに飲みましょう。

また純米酒には、適切な保管により熟成してより美味しくなった、いわゆる「古酒」もあるんですよ!

保管場所は、日本酒の大敵=光と熱から守れる冷暗所がマストです。

 

Q4:日本酒ってカロリーが高いの?

 

A4:カロリーはアルコール度数に比例し、日本酒1合のカロリー=約ご飯1杯分です。特に日本酒のカロリーが高いということはありません。

ただし、お酒は食欲増進作用があるので要注意。なかでも日本酒はおつまみを美味しくするし、美味しいおつまみで盃がどんどん進むし・・・と、悩ましいところですね!

 

Q5:お燗の温度ってどのくらいにすればよいの?

 

A5:だいたい「人肌」で35度、「ぬる燗」で40度、「熱燗」で50度です。45度の「上燗」くらいがオススメ。

吟醸酒や生酒はあまり高い温度には向きません。逆に古酒は温めることで、熟成した味や香りが引き立ちますよ!

また、温かい方が酔いが早くまわるのでお酒の量を控えられます。

 

基本をちょっと知っておけば、より日本酒を楽しめますね。利き酒にも役立ちそうです! さあ、美味しい日本酒を探しに出かけましょう~♪

 

※情報は2017.10.5時点のものです

酒造メーカー「鷹正宗」

久留米を本拠地とする酒造メーカー鷹正宗が、お酒に纏わるちょっとしたネタや、お酒をより楽しむための旬の情報をお届けします。

鷹正宗のホームページ内でも、様々な記事を絶賛公開中!!

公式HP→https://www.takamasamune.com/

この記事もおすすめ