フランス料理をおとくに楽しむ17日間☆フランスレストランウィーク2017

国内最大級のフランス料理イベント「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2017」が9月23日(土・祝)~10月9日(月・祝)の計17日間、全国約600軒のフレンチレストランで開催されます。

今年で7回目となる人気企画。今回のテーマは「トレ・ボン!日本のテロワール」で、各店のシェフたちが日本独自の食材の魅力をフランス料理でアピールします。

福岡市中央区西中洲の「ローブランシュ」で8月9日に開催されたプレスランチでは、同店のオーナーシェフで今年のフォーカスシェフの一人でもある白水鉄平氏がこちらのメニューを提供してくださいました。

玄界灘 活サザエ
宮崎 黒皮南瓜 黒にんにくソース

玄界灘 活サザエ
宮崎 黒皮南瓜 黒にんにくソース

フォアグラのコンフィ
糸島田中六十五 朝倉 夏乙女と共に

フォアグラのコンフィ
糸島田中六十五 朝倉 夏乙女と共に

長崎 熟成甘鯛
福岡 八女茶本玉露のコンソメ

長崎 熟成甘鯛
福岡 八女茶本玉露のコンソメ

熊本 産山村 あか牛
ボワロンのバターナッツピューレ添え

熊本 産山村 あか牛
ボワロンのバターナッツピューレ添え

ババ
佐賀 東一の香り

ババ
佐賀 東一の香り

目で美味しい、舌で美味しい、まさに「美味しい(美しい味)」のオンパレード。お腹いっぱいに味わい尽くした後に懐事情が・・・と心配になりそうですが、そんな心配がいらないのもこの「フランスレストランウィーク」の魅力のひとつ。なんと!期間中は参加全店舗でランチ(2500円または5000円)とディナー(5000円の限定コースメニュー)が一律価格で楽しめるんです!(いずれも税・サービス料込)

昨年は5000円コースのみでしたが、今年は2500円のランチコースも登場し、さらに気軽に参加しやすくなりました。プレスランチには、ローブランシュの白水シェフほか、レストラン カズの篠原和夫シェフ、サンテミリオンの渡邉伊一郎シェフ、ヌーヴェル・キュイジーヌ・タカハシの高橋翔大朗シェフ、ブイヨンの前田泰志シェフ、ミディソレイユの上柿元 勝シェフも出席されましたが、各シェフたちは「九州の食材とフランス料理をどう融合させるのか。この機会に『九州フレンチ』を確立させたい」といった意気込みを語っていました。

(左から)高橋シェフ、前田シェフ、上柿元シェフ、白水シェフ、篠原シェフ、渡邉シェフ

(左から)高橋シェフ、前田シェフ、上柿元シェフ、白水シェフ、篠原シェフ、渡邉シェフ

参加店舗は現在565軒(九州は49軒)ですが、すでに過去最高の参加となっており、今後も伸びそうな勢いです。

予約開始は9月6日(水)10:00から。公式サイト経由か一休.comレストランおよび電話で直接店舗へご予約ください。

※ダイナースクラブ プレミアムカード会員は8月25日(金)10:00から

※ダイナースクラブ会員は8月30日(水)10:00から

おとくにフランス料理が堪能できるこの機会をどうぞお見逃しなく!

■公式サイトはこちら

※情報は2017.8.15時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ