「0次会」にもうってつけ!角打ちスペースも!【小谷酒舗】

創業50年以上の名店の秘密に迫る企画【老舗探訪】。

今回は、創業67年「小谷酒舗」をご紹介します。

小谷で始まり小谷で終わる

2005年の西方沖地震で壊滅的な打撃を受けた際、2代目の小谷浩司さんはあえて攻勢に出ました。店舗の半分を角打ちスペースにしたのです。

狙いは見事に的中。

飲食店が軒を連ねる大名エリアで、角打ちはいわゆる「0次会」にうってつけでした。実際に18時には10坪ほどのスペースに30人ほどがごった返します。また22時頃に2度目のピークが訪れ、2~3軒を回った後の「最後の一杯」という需要です。

小谷酒舗で始まり小谷酒舗で終わる“猛者”もいます。

 

上級者が若者に酒の魅力を伝承

純米酒「大賀」(330円)、パクチーたこ焼き(380円)

純米酒「大賀」(330円)、パクチーたこ焼き(380円)

お客の年齢層は幅広く、店では上級者がたまたま居合わせたお客にオススメの酒をレクチャーするという、角打ちならではの光景が頻繁に見られます。自分の好みの酒に出会ったお客は、後日、友人や仕事仲間を連れて飲みにきてくれます。

まさに好循環。小谷酒舗はこうして今日も、新しいファンを作り続けています。

 

老舗のひとこと

酒を通して人の輪が世代を超えて広がっていくのが角打ちの最大の魅力。そのためにも若い人が好む銘柄やメニューづくりを常に意識しています。

2代目店主・小谷浩司さん

 

《小谷酒舗》

福岡市中央区大名1-11-13 1階

TEL/092-741-2924

営業時間/10:00~23:00(L.O.22:45)、土 10:00~21:00、祝 12:00~18:00

定休日/日

 

※情報は2017.8.24時点のものです

小谷酒舗

住所福岡市中央区大名1-11-13 1階
TEL092-741-2924

関連タグ

この記事もおすすめ