“卒業”は次のステージの始まり~夜間飛行オリジナルカクテル「威風堂々~イフウドウドウ~」

ホテル日航福岡のメインバー「夜間飛行」からお届けする「女たちの饗宴」。夜間飛行のバーテンダーが毎回、テーマに沿ったオリジナルカクテルを作り、そのテーマを話題に大人の女性たちが語り合います。3月のテーマは、「卒業」です。

 

今回は、山田圭介さんがオリジナルカクテルをつくってくださいました。

山田さんは、若手バーテンダーの登竜門とされる大会「HBAジュニアカクテルコンペティション・キリンカップ(2013年)」で優勝した経験を持つ28歳。山田さんが「卒業」をテーマにつくったオリジナルカクテルの名は「威風堂々~イフウドウドウ~」。自立・独立・立派の意味を持つ「威風堂々」です。

ベースはジョニーウォーカー(スコッチウィスキー)。山田さんは「卒業」を終わりや別れで表現するのではなく、自立や独立など次のステージのはじまりと解釈されたそうです。そこで、「歩み続ける」という意味を持つジョニーウォーカーを使用。ジョニーウォーカー⇒イギリスのスコッチウィスキー⇒イギリスの作曲家・エドガー作曲「威風堂々」とつながったそうです。プレート上には、オレンジの果皮とバラの花びらが散りばめられていますが、こちらも「バラ色に輝く未来」をイメージしての演出です。

オレンジの香りが甘く漂う「威風堂々~イフウドウドウ~」。

「『歩み続ける』の意味を持つジョニーウォーカーに、祝い酒の定番とも言えるスパークリングワインを使用し、バラ色に輝く未来に向かって威風堂々と歩みだした様を表現したカクテルです。クラシカルかつ斬新に創作しました」と山田さん。

さて、オリジナルカクテル「威風堂々~イフウドウドウ~」を飲みながら、それぞれの「卒業」をテーマにした話がスタートします。山田さんの意図したように、不思議と悲しいイメージの話は出ず、「自立」「解放」「新しいはじまり」といった印象のエピソードが飛び交いました。

「振り返ったらダメ」「立ち止まったらダメ」「成長を止めたらダメ」「進んでいくのみ」とは、参加者の1人の言葉。次のステージへ向け、威風堂々と歩み続ける姿がそこにありました。

デール・カーネギーの言葉。

「Take a chance! All life is a chance. The man who goes the farthest is generally the one who is willing to do and dare」

(当たって砕けろ!人生はすべてチャンスだ。ふつう一番遠くまでたどり着く者は、大胆に行動する意欲のある人だ)

 

人生の中で「卒業」は何度もやってくる。自分が望むと望まないとに関わらず。それでも、人生は続いていく。歩みを止めることなく、前に進む勇気を与えてくれるような一杯でした。しかも「威風堂々」とした姿で。みなさんもぜひ、新しいステージの扉を開きたくなったときには、こちらのカクテルをお楽しみください。

photo by Ayako Koga

※情報は2015.3.30時点のものです

ホテル日航福岡

住所福岡市博多区博多駅前2-18-25
TEL092-482-1111(代)
FAX092-482-1127
URLhttp://www.hotelnikko-fukuoka.com/

大きい地図で見る

この記事もおすすめ