悩める人を「ローフード」で幸せに 舛谷暢子さん【シン・ハカタ美人】

21世紀を生きる福岡の女性たちにフォーカスし、その人生やライフスタイルを紹介する企画「シン・ハカタ美人」。今回ご紹介するのは、ローフードマイスター認定校「健康ごはん。」 福岡六本松校 校長の舛谷暢子さんです。

悩める人を「ローフード」で幸せに

ローフードマイスター認定校「健康ごはん。」 福岡六本松校 校長/舛谷暢子さん

ローフードマイスター認定校「健康ごはん。」 福岡六本松校 校長/舛谷暢子さん

暴飲暴食による入院、手術を経て体力が落ちた10年前、舛谷さんはローフードに出会いました。さまざまなダイエットに失敗するなか、生野菜や果物が中心の食生活にすると症状は劇的に改善。体重は10kg減少し、体力年齢は18歳になりました。

「この経験を私だけで終わらせるわけにはいかない」。

ローフードマイスターと野菜ソムリエの資格を取得し、料理教室をオープンしました。講座、学校や企業での講演、電子書籍の出版などチャレンジの日々。

インタビューの最後に「相談に来た人が回を重ねるごとにきれいになっていくのが、何よりも嬉しいんですよね」と一層明るい声で答えていました。

 

舛谷さんにとって「シン・ハカタ美人」とは―。

規則正しい生活を送り、心身ともに健康で日常の些細なことに幸せを見つけられる人。

 

プロフィール

ローフードマイスター認定校「健康ごはん。」 福岡六本松校 校長/舛谷暢子さん

自らの人生を変えた「ローフード」を広めるべく、2010年7月にローフード専門の料理教室「健康ごはん。」を中央区草香江にオープンした。テレビ番組への出演や各地でのセミナーなどにも力を注いでいる。

 

※情報は2017.11.23時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ