『探偵はBARにいる3』最強コンビの大泉洋さん&松田龍平さんにインタビュー!

前作から4年ぶり、待望の3作目である『探偵はBARにいる3』が公開されました。主人公の探偵とその相棒の高田を演じるのは、大泉洋さんと松田龍平さん。2人に意気込みや映画の見どころを伺いました。

左:松田龍平さん、右:大泉洋さん

4年ぶりの新作。今のお気持ちは?

大泉 北海道が舞台なので地元では「続編は?」とたびたび聞かれました。たくさんのファンが待っていたんだと思います。松田くんとのシーンは4年ぶりとは思えないほど息がぴったりでしたね。

松田 4年経っても同じ役を演じられるなんてなかなかない。幸せですよ。大泉さんも気合が入っているのがわかりました。顔をパンッと叩いて「よっしゃぁ!」と言っていて、ちょっと重かったです。

大泉 本当ですか!? 確かに40代のおっさんがそんなことをしていたらきついなぁ(笑)

 

サウナでのシーンやアクションシーンなど見どころが満載ですね。

大泉 毎回サウナのシーンで上半身を見せるので体を引き締めたいと思って鍛えるのですが、今回は肩を傷めて断念してしまいました。4年の歳月と自分の体の限界を感じましたね。

松田 これまではアクション俳優とアクションシーンを撮っていたので思いっきり演じられたのですが、今回は敵役の志尊淳くんが相手だったのでお互い探り合いだったんです。いつもどれほどアクション俳優に甘えていたのかがわかりました。

 

福岡のファンにメッセージをお願いします。

松田 リリー・フランキーさんや松重豊さんなど、実は出演者には福岡出身の方が多いんですよね。

大泉 そうなんです。だからこれは福岡の映画といっても過言ではないんです。次回作は『探偵はBARにいる4 〜中洲で大暴れ〜』ですかね。僕は福岡を舞台にしたいと本当に思っていますよ!


『探偵はBARにいる3』 公開中

高田(松田龍平)の後輩から、失踪した恋人を探してほしいという依頼を引き受けた探偵(大泉洋)。捜査を進めるなかでモデル事務所のマリ(北川景子)に出会い周囲を嗅ぎまわる。しかしマリの手下に襲われ、これまで無敗だった高田さえ倒されてしまう。次第に裏社会で活躍する北城グループ、巨額の薬物取引、2つの殺人事件が結びついていく。

(c)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

【配給】東映

 

Profile

松田龍平/1983年生まれ。1999年に映画『御法度』でデビュー以降、数々の映画賞を受賞。2018年には『羊の木』公開予定。

大泉洋/1973年生まれ。北海道発の深夜番組でブレイク。所属中の演劇ユニット「TEAM NACS」の公演を控えている。

 

※情報は2017.12.7時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ