たった一夜の宴会で、住民に恋して移住?! ハッピーターンズフェア移住者インタビュー1・西塔大海さん

西塔大海(さいとう もとみ)さんファミリー

東京都→福岡県築上郡上毛町

職業:移住コーディネーター

移住した年:2013年5月(移住歴5年)

家族構成:3人(もとみさん、ともみさん、みなみちゃん)

Q1 移住のきっかけは?

東日本大震災が起きた当時、都心のスーパーやコンビニからモノが消えていくことにすごく怖さを感じました。

一度の自然災害でこんなにも大きく日常生活が左右されてしまう。

それほどもろい、紙一重の状態でバランスが保たれている暮らしでいいのかと疑問を抱いたのがきっかけでした。

 

Q2 どのように準備しましたか?

最初は「東京以外で」という条件だけで、日本地図を広げて「どこにしようか」と考えました。

大学院時代に物理学を専攻していたこともあり、地理的条件から候補を絞っていきましたね。

県庁所在地から距離はどうか、自然災害に強いかどうか。

そうした要件を一つひとつ検討していきました。

 

Q3 今の場所を選んだ理由は?

知り合いを頼りに上毛町を訪れた際、棚田が広がるきれいな集落に「一目惚れ」しました。

地元の方々と一緒に食事をした時もすごく楽しかったし、妻の実家まで車で90分というのも心強い。

住む場所を決めるためにその後全国を回る予定だったのですが、「ここしかない!」とほぼ確認していましたね。

西塔さんの職場でもある「上毛町田舎暮らし研究サロン」。移住に興味を持つ人々が全国から訪れる。

西塔さんの職場でもある「上毛町田舎暮らし研究サロン」。移住に興味を持つ人々が全国から訪れる。

Q4 町の魅力を教えてください。

美しい集落の景観はもちろん、いちばんの魅力はこの町に暮らすおじちゃんやおばちゃんたちです。

移住者の先輩や地元のキーマン、大家の有田さんとの出会いに恵まれたからこそ毎日楽しく過ごすことができています。

宴会好きだけど、みんな仕事で朝早いので21時半ごろには解散になる点も潔くて良いでしょ。(笑)

 

Q5 移住前後で変わったことは?

大学院を卒業して社会人となり、結婚。

環境が大きく変化したタイミングだったからかもしれませんが、移住に対する考え方が変わりました。

移住は「ゴール」ではなく「プロセス」です。

一定期間ごとに目線や実現したいことを定め、それらを達成していくことが大切だと感じています。

 

西塔さんのお話を聞ける「移住で見つかる理想のくらし 九州・山口ハッピーターンズフェア2018」が2018年2月10日(土)10:00~16:00@エルガーラホール8階大ホールで開催されます!

ホームページはこちら:https://fanfunfukuoka.com/tieup/happyturn/

 

※情報は2018.1.27時点のものです

ハッピーターンズフェア2018

住所福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール
URLhttps://fanfunfukuoka.com/tieup/happyturn/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ