パートナーと空き家に一目ぼれ!出会いの力 ハッピーターンズフェア移住者インタビュー4・有島弘樹さん

有島弘樹(ありしま ひろき)さんファミリー

弘樹さん:鹿児島県鹿児島市→鹿児島県鹿屋市

ご家族:山口県下関市→鹿児島県鹿屋市

職業:陶芸家

移住した年:2017年1月(移住歴1年)

家族構成:4人(弘樹さん、寛子さん、宙久くん、義祖母・中野育世さん)

 

Q1 移住のきっかけは?

妻と運命的な出会いがあり、電光石火で結婚することになりました。

婚約中、将来を見据えて家族でいろいろと話しているときに現在の物件を見つけたんです。

約1ヵ月間と時間の少ないなかでしたが、引越し、婚姻届の提出、法人設立手続きなどを一気に済ませました。

 

Q2 今の場所を選んだ理由は?

鹿屋市の空き家バンク物件で、この家に出会えたからです。

物件自体が魅力的で、穴窯で陶芸作品を作るのには最適な場所です。

「これしかない」と直感しました。

移住先として検討していた場所がもう1ヵ所あったのですが、金額面で納得できず今の物件に決めました。

 

Q3 町の魅力を教えてください。

声掛けや農作物のお裾分けなど、地域の方々の温かいもてなしに助けられています。

移住を機に、事業を法人化してカフェも経営するようになりました。

交通量が少なくないので、作品の展示や飲食店経営にも適しています。

空気がおいしく、夜空が美しい町ですよ。

 

Q4 移住前後で変わったことは?

今まで当たり前にあったものがなくなり、雄大な自然に圧倒される日々。

そのなかでたくさんの知恵と力を得ることができました。

家族を持つことでモチベーションが上がり、価値観や考え方が変化する。

子どもたちの性格も好転し、顔つきが生き生きとしてきました。

移住に関する情報を集められるイベント「移住で見つかる理想のくらし 九州・山口ハッピーターンズフェア2018」が2018年2月10日(土)10:00~16:00@エルガーラホール8階大ホールで開催されます!

ホームページはこちら:https://fanfunfukuoka.com/tieup/happyturn/

※情報は2018.1.31時点のものです

ハッピーターンズフェア2018

住所福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール
URLhttps://fanfunfukuoka.com/tieup/happyturn/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ