「和」の心を大切に、より感動されるおもてなしを ホテル日航福岡 太田禎郎社長

ファンファン福岡の紙面で月1回ご紹介している「社長とデート」企画。今回は、ホテル日航福岡の太田禎郎社長と、福岡市・大宮にある「新日本料理 Assiette de MAKO」でランチをいただきました。

ホテル日航福岡の太田禎郎社長は、初代社長の故太田和郎氏のご長男。昨年6月、同ホテル社長に就任されました。

「父の代から築き上げたブランドを守りつつ、和のテイストをもっと出して、日本文化の素晴らしいおもてなしを目指したい」と太田社長。今回選んでいただいたお店も、まさに新感覚の日本料理が味わえる素敵なお店でした。

MAKOおまかせランチ 2300円

MAKOおまかせランチ 2300円

前菜に始まり、メインの魚料理や肉料理、寿司、デザートまで、どれも写真に撮りたくなる盛り付けの美しさ。そして、思わず顔がほころんでしまうほどのおいしさに感動しきりです。

さて、太田社長に代替わりし、同ホテルには「社是」や「社訓」ができ、それらが記されたおしゃれなカードが全社員に配られたそうです。見せていただいたところ、社是は「初心不可忘」。社訓は5つあり、5番目には「和の心を重んじ、英知を集結して業務にあたること」とありました。

日本文化の「和」、協調性の「和」を重んじる太田社長。社内では極力裏方にも顔を出し、積極的に社員とのコミュニケーションを図っているそうです。良質なサービスを提供するためには、まずは社内の空気から。そんな思いがこもったカードに、胸が熱くなりました。 

 

※情報は2018.2.22時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ