【動画付】好きなアニメがアートになる!?オンライン型アートプロジェクト「連合島」に参加しよう✩チェン・イージエさん

漫画のキャラクターが色だけになったとしたら…

そんな世界を表現している台湾の作家チェン・イージエさんの作品が、9月6日から福岡アジア美術館で開催される「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」に登場します!

どんなアニメのキャラクターが描かれているのか想像できますか?

どんなアニメのキャラクターが描かれているのか想像できますか?

キャラクターの色彩だけを抽出し、円形のカラフルな作品「同心円」へと変換するアートを手がけるチェンさん。描かれているのはカラフルな円なのに、作品を眺めていると、キャラクターのイメージが頭に浮かんでくるから不思議です。記憶を呼び覚ます色彩の力ってすごいですね。

The Rotary Portraits of Mini the Minx

The Rotary Portraits of Mini the Minx

The Rotary Portraits of Bash Sreet Kids

The Rotary Portraits of Bash Sreet Kids

The Rotatry Portraits of Minni the Minx

展覧会では、こうしたチェンさんの作品の数々が楽しめるのですが…

 

それだけではありません!!

 

なんと、好きなアニメのキャラクターを「連合島」のウェブサイトに投稿すれば、チェンさんがそのキャラクターの色彩を同心円のイメージへと変換し、送り返してくれるのです。しかも、8月31日までに投稿した中から、人気ベスト50のアニメは、作品として展覧会会場に展示されます!

制作真っ最中のチェンさん

制作真っ最中のチェンさん

チップトデールの画像をもとにチェンさんが色の比率などを決めていきます。

チップとデールの画像をもとにチェンさんが色の比率などを決めていきます。

これだけ集まると壮観です!

これだけ集まると壮観です!

チェンさんは、「同じアニメでも国によって使う色やイメージが違う。台湾でも人気の日本のアニメが、どのような色彩の作品になるのか楽しみ」と話しています。

アーティストと一緒に作品づくりに関わることができるチャンス!

投稿されたアニメキャラクターのイメージは、参加者みんなの集合的な記憶として、「連合島」のデーターベースになります。

好きなアニメキャラクターを投稿して、みんなで「連合島」を作り上げていきましょう♪

連合島の紹介動画もあります↓


 

投稿サイトはこちらから⇒http://www.agichen-united-islands.com/

※アジアの美術が凄い!第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014⇒https://fanfunfukuoka.com/event/12373/

※情報は2014.8.18時点のものです

福岡アジア美術館

住所福岡市博多区下川端町3-1リバレインセンタービル7・8階
TEL092-263-1100
FAX092-263-1105
URLhttp://fukuokatriennale.ajibi.jp/
その他
  • 開館時間:午前10時~午後8時(入場は午後7時半まで)水曜日休館ワンデーパス=一般1500円(前売りなど千円)、高大生1000円(同500円)▽フリーパス=一般2000円(同1500円)、高大生1500(同1000円)、中学生以下無料※フリーパスは会期中、何度でも観覧可能です。

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ