心で感じたままに表現 太田垣悠さん(ダンサー)

今回、ご紹介するのは、スイス・ジュネーブ在住のコンテンポラリーダンサー太田垣悠さん。太田垣さんは神奈川県出身。ご両親のお仕事の関係で福岡に縁ができ、帰国された際は福岡で過ごすことも多いそうです。

15歳で単身渡仏し、留学。20歳でコンテンポラリーバレエの最高峰であるフランス国立リヨンオペラ座バレエ団に入団。その後、スイス・ジュネーブ大劇場などヨーロッパを中心に活動の幅を広げ、現在はフリーで活動中の太田垣さんに、ダンスの魅力や今後の抱負などについて聞いてみました。

 

Q)ダンスを始めたきっかけは?

A)母が芸術や文化に関心が高く、よく舞台や演劇鑑賞に連れて行ってもらっていました。9歳からバレエを習い始めたのですが、習う前からごく自然に「将来はバレリーナになる」と思っていました(笑)。

Q)コンテンポラリーダンスに興味を持ち始めたきっかけは?

A)中学生の頃、マギー・マラン振付けの「シンデレラ」を観て衝撃を受けたのがきっかけです。登場人物は全員等身大の人形という設定で全員グロテスクな人形のマスクを被っているのですが、ただのおとぎ話ではなくとてもリアルな人間関係が描かれていて、その魅力にひきこまれました。

5年後リヨンオペラ座に入団した際にちょい役でしたがその作品を踊る事ができ、とても嬉しかったです。

 

日本のバレエ学校に居たときは言われた事がちゃんと出来ず、劣等生に入るほうで、「おとぎ話に出てくるようなバレリーナになる事は無理だろうな」と薄々気づいていましたので、フランスに行ってコンテンポラリーダンスを踊れるダンサーになりたい、思い15歳で留学を決意しました。

が、行った当初はフランス語も全く喋れない中、普通校にも通わなくてはいけなく、冬でも水シャワーしか出ないような寮で生活をしていたので本当に大変でした。

 

Q)コンテンポラリーダンスの魅力とは。

A)たとえば、クラシックバレエは決まった型があり、ひとつひとつの動きには正解があります。

コンテンポラリーダンスは百人ひとが居れば百個の違う感性があり、そのそれぞれのエッセンスを視覚化したダンスだと私は解釈しています。

 

ですからトレーニングを何年も積んできたダンサーがその技術の正確さや技のすごさや容姿の美しさを前に押し出すダンスだけはなく、一人一人違う個性を持った身体から生み出されるような想像もつかないような動き、即興、演劇性が強いものからインスタレーションやビデオが主体の公演まで本当に様々で一概にまとめるのはとても難しいジャンルなんです。

 

ただそこに唯一共通してあるワードが「現代の身体」だと思います。

太田垣さんは、19歳で国立高等音楽院を卒業し、20歳でリヨンオペラ座に入団、25歳でジュネーブ大劇場に移籍しました。そして、さらに活動の幅を広げるため、2014年7月からは、スイス・ジュネーブでフリーとして活動されています。

 

Q)行動力の原点、ポリシーなどを教えてください。

A)楽しさに貪欲でいたいし、ずっと学ぶ姿勢を大切にしたいと思っています。独り善がりにならず、プロとして、ダンスで表現したいメッセージが観客にしっかりと伝わっているのか、常に意識すること。モチベーションを高く、前向きに自分の仕事と向き合うことです。

Q)フリーになったいまは、親子ダンスプロジェクトや地域密着のプロジェクトにも力を入れているそうですね。

A)そうですね。舞台だけでなく、もっと身近にダンスを楽しんでもらいたいですし、観客としてではなく、ダンスで表現する楽しさを幅広い方に体験してもらえたらと思っています。福岡でも年に2回ほどワークショップを開催していますので、ぜひ体験してみてください。

 

Q)「コンテンポラリーダンスは難しい」と思っている人も少なくないと思いますが…

A)あまり食べ慣れない料理を頂いた時に、たまに「何が入ってるのかよく分からないしマナーもよく分からないけれど、最終的になんか美味しかったな」と感じる事があると思うのですが、コンテンポラリーダンスもそれと一緒で、知識よりも感性を大切に楽しんで頂けたら嬉しいです。

Q)最後に、未来の自分へメッセージをお願いします。

A)その瞬間瞬間にできる最大限の努力を続け、自分が楽しい、と思えることを他の人たちとも分かち合っていきたい。

※情報は2014.8.24時点のものです

太田垣悠さん

  • 15歳で単身渡仏、16歳でフランス・リヨンの国立高等音楽院に入学。20歳でフランス国立リヨンオペラ座に入団。その後、スイス・ジュネーブ大劇場で踊る。2014年7月からフリーとして活動。スイス・ジュネーブ在住。

福岡の好きなところは?
自然が近くにあり、食べ物がおいしいところ。
東京と比べ、人と人との距離が近いところ。
何より、焼酎が美味しい!

この記事もおすすめ