笑って泣ける青春音楽映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』8/31公開!

日本でもロングランヒットとなった韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を原作に、「モテキ」の大根仁監督がリメイク。90年代を舞台に、甘酸っぱくも眩しい“青春”が描かれています。音楽は、90年代の音楽シーンを席巻した小室哲哉が担当。誰もが口ずさめる楽曲の懐かしさに胸が弾みます。

今回、主演の篠原涼子さんにインタビューを行いました。

完成した作品を見ていかがでしたか?

青春真っ只中のパワーがあふれていて、青春時代に引き戻される、感動してもらえる作品だと思います。早く皆さんに見ていただきたいです。

 

女の友情がテーマ。篠原さんにとって女同士の友情とは?

今でも何でも言い合えるのは同性の友達で、やはり大切な存在です。私も仕事仲間として刺激を与えあう友達がいますし、学生時代の友達とは年に数回会って、家庭の話や昔話に花が咲いています。大人になったけど全然成長してないね~とか(笑)。一気に当時に戻されて、気兼ねなく付き合える関係は良いですよね。

 

篠原さん自身はどんな女子高生でしたか?

面白キャラです(笑)。当時流行っていた歌手の振付を真似て、まさにサニーのように踊っていましたね。当時流行していたカラオケに皆と通って…。昔も今も変わらないですね。ルーズソックスはさすがに時代が違うので履いたことはなかったですが、久しぶりに制服が着られて楽しかったです。皆でいっぱい写真を撮りました(笑)。

 

音楽は、篠原さんの音楽プロデュースも手がけた小室哲哉さんが担当されています。

久しぶりにお仕事でご一緒できて本当にうれしかったです。ご縁を感じますね。お会いするのも久しぶりでしたが、いつも優しく笑っていらっしゃる方で「お互い変わってないね~」なんて言い合って(笑)。劇中で流れる曲は、誰もが知っている有名な曲ばかり。聞いていた当時の記憶がよみがえる音楽の力って本当にすごいです。世代でなくても楽しんでいただけると思います。

 

共演者との撮影はいかがでしたか?

(板谷)由夏ちゃんは姉御肌。何でも相談できる、本当に芹香のような人。(ともさか)りえちゃんは本当にかわいくフェミニンだけど、芯のあるしっかりした人。(小池)栄子ちゃんは、ずっとしゃべってます(笑)。栄子ちゃんと(渡辺)直美ちゃんはずっとしゃべっていて面白かった!全員がそろう撮影日には焼き肉に行って、ここでは言えないような話をたくさんしたり(笑)。昔を思い出すような女子トークができてうれしかったです。

 

奈美の高校時代は広瀬すずさんが演じられています。

とにかくかわいくて…。先に(広瀬)すずちゃんのシーンを撮影していたので、少しでも近づけるようにかわいい仕草を研究して、大人になった奈美の撮影に挑みました。

 

総勢200人で踊るシーンは圧巻です。

ダンスは練習に本番にヘトヘト…。撮影終了後は拍手も起きる盛り上がりでした。2、3日後の忘れた頃に筋肉痛がきたりしましたが…(笑)。撮影は本当に楽しいチームだったので、疲れが吹き飛ぶくらい楽しかったですね。やっぱり女同士の友情って良いですね。

 

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』 8月31日(金) 全国東宝系ロードショー

専業主婦の奈美(篠原涼子)は久しぶりに高校時代の親友・芹香(板谷由夏)と再会する。女子高生の間でルーズソックスが大流行し、空前のコギャルブームに沸いた90年代。かつて2人は女子高生の仲良しグループ「サニー」のメンバーだった。再会の喜びも束の間、芹香は末期ガンにおかされていた…。「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。そんな芹香の願いに、奈美はかつての仲間を探し始める…。

【監督・脚本】大根 仁
【出演】篠原涼子、広瀬すず、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生、三浦春馬、リリー・フランキー / 板谷由夏

(C)2018「SUNNY」製作委員会

 

Profile
篠原涼子
1973年生まれ、群馬県出身。主な映画出演作品は「アンフェア」シリーズ(07・11・15)、「北の桜守」(18)、「人魚の眠る家」(18.11/16公開)など。

※情報は2018.8.23時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ